電気

東北電力の料金プランを解説します。あなたにピッタリなプランはどれ?

2020年10月22日

 

東北電力の料金プランには、どんなプランがありますか?

 

東北電力の電気料金プランは、ライフスタイルや家族構成に合わせたプランや、夏季・冬季で電気代が異なるプラン、夜に電気代が安くなるプランまで豊富な料金プランが特徴です。そのため、ご家庭に合った料金プランを見つけられるでしょう。

 

電気のお申し込みはこちら

 

 

スポンサーリンク

東北電力の料金プランは?

 

東北電力の料金プランは、ご家庭の電気使用量からお使いの電気機器に応じたプラン、時間帯で料金が異なるプランなど、豊富な電気料金プランがあります。

 

ご自分の電気使用量や、電気の使用率が高い時間などを考慮して、ピッタリな電気料金プランを見つけましょう!

 

東北電力の料金について詳しくは、コチラにまとめています。

東北電力の料金は?料金プランを見直して電気代を安くしましょう!

続きを見る

 

よりそう+ねっとバリュー

「よりそう+ねっとバリュー」は、2019年4月から新たに提供開始した料金プランです。

 

「従量電灯B」より、年間で最大約1,500円電気料金が安くなります。

 

よりそう+ねっとバリューの特徴

  • 電気使用量に関わらず、基本料金が毎月55円(税込)安くなる
  • 「よりそうeポイント」がお得に貯まる

東北電力のオリジナルポイントサービスである「よりそうeポイント」は、Pontaポイントに交換したり、東北の復興支援になるご当地商品などと交換ができます。

 

電気を使いながら復興支援もできますので、従量電灯Bプランを契約しているよりもお得で地域にやさしいプランとなっています。

 

よりそう+ファミリーバリュー

「よりそう+ファミリーバリュー」は、子育て中のご家庭など家族が多いご家庭におすすめなプランとなっています。

 

よりそう+ファミリーバリューの特徴

  • 季節・時間を問わず電気の使用料が多いご家庭におすすめ
  • 電気使用量が多いほど、従量電灯Bプランよりも電気量料金が安くなる

よりそう+ファミリーバリューは、30A以上の基本料金は従量電灯Bプランと同額となっていますが、電気量料金については電気使用量が多ければ多いほど電気量料金単価がお安くなっています。

 

そのため、電気の使用量の多いご家庭では今より電気代を安くすることが可能です。

 

よりそう+シーズン&タイム

 

「よりそう+シーズン&タイム」は、ヒートポンプ機器を使用するオール電化住宅のご家庭におすすめなプランとなっています。季節や3つの時間帯で電気料金が異なるのが特徴で、夜間の時間帯が一番電気代が安くなります。

 

よりそう+シーズン&タイムの特徴

  • ピーク・オフピーク・夜間の3つの時間帯で電気量料金が異なる
  • 冬季・夏季・その他という季節によっても電気量料金が異なる
  • 夜間に電気使用量が多いご家庭におすすめ

よりそう+シーズン&タイムは、「ピーク」時の電気量料金が高く、「夜間」時が一料金が安いため、できるだけ家電をや夜間に使用したりするなど心がけるだけで、電気代をグンと節約することも可能です。

 

夜の電気使用量が多い方におすすめなプラン

 

東北電力の料金プランは、夜間に電気代安くなるナイトプランが豊富にあるのが特徴です。「夜間」と一言で言っても、電気代が安くなる時間帯が異なりますので、自分のライフスタイルにピッタリなナイトプランを見つけてみましょう!

 

よりそう+ナイト&ホリデー

「よりそう+ナイト&ホリデー」は、週末と夜間の電気代が安くなるプランとなっています。そのため「週末にまとめて家事をしたい」という方や、「週末は電気代を気にせず家族で楽しみたい」という方におすすめです。

 

よりそう+ナイト&ホリデーの特徴

  • 「昼間」・「夜間」の2つの時間帯で電気代が異なる
  • 平日夜間「22~翌朝8時」までの電気代が安い
  • 土日・祝の休日の電気代が一日中安くなる

よりそう+ナイト8

「よりそう+ナイト8」は、夜の23時から翌朝までの電気代が安くなるプランとなっています。そのため、夜型の生活の方におすすめです。

 

よりそう+ナイト8の特徴

  • 「昼間」・「夜間」の2つの時間帯で電気代が異なる
  • 夜間(23~翌朝7時)までの電気代が安くなる

 

よりそう+ナイト10

「よりそう+ナイト10」は、夜の22時から翌朝までの電気代が安くなるプランとなっています。

 

そのため、昼間によく使っていた家電なども夜間に移行することで、電気代を節約することができます。

 

よりそう+ナイト10の特徴

  • 「昼間」・「夜間」の2つの時間帯で電気代が異なる
  • 夜間(22~翌朝8時)までの電気代が安くなる

よりそう+ナイト12

「よりそう+ナイト12」は、夜21時から電気代が安くなり、なんと夜間時間は東北電力最長の12時間となっています。

 

そのため、夜に電気代を気にせず趣味を楽しみたいという方や、朝はゆっくり家事をしたいという方にピッタリなプランとなっています。

 

よりそう+ナイト12の特徴

  • 「昼間」・「夜間」の2つの時間帯で電気代が異なる
  • 夜間(21~翌朝9時)までの電気代が安くなる

 

よりそう+S

「よりそう+S」は、昼間は留守がちな1人暮らしの方などにおすすめなプランとなっており、基本使用料金で昼間時間の200kWhまで使うことができます。

 

よりそう+Sの特徴

  • 「昼間」・「夜間」の2つの時間帯で電気代が異なる
  • 基本使用料金で昼間時間の200kWhまで使用できる

よりそう+サマーセーブ

「よりそう+サマーセーブ」は、夏季・その他の季節で電気代が異なり、なおかつ夏季の「ピーク」・「昼間」・「夜間」の3つの時間帯電気代が異なる料金プランとなっています。

 

そのため、ピーク時間を避けて電気を使用することで、電気の節約をすることが可能です。

 

よりそう+サマーセーブの特徴

  • 夏季(7~9月)のピーク(午後1~16時)の時間帯は電気代が高く、「夜間」の電気代が安くなる

 

スポンサーリンク

東北電力より安いプランとは?

 

電気代を今より安くしたいとお考え中の方は、新電力会社との契約を検討してみてはいかがでしょうか。

 

新電力会社では、ライフスタイルや電気の使用量に合わせたお得な料金プランを提供しています。

ご自宅にピッタリな料金プランを見つけることで、毎月の電気代を安くすることが可能です。

引っ越しを機に、ぜひ一度検討してみることをおすすめします。

 

新電力でお得に電気を利用する

新電力でお得に電気を利用する

電話番号 050-3033-2267

 

まとめ

 

東北電力の一般家庭向けのプランでは、ライフスタイルに合わせて様々なプランがありましたね!

 

まとめ

  • お得にポイントが貯まるプラン「よりそう+ねっとバリュー」
  • 電気使用量が多いファミリー向けプラン「よりそう+ファミリーバリュー」
  • 夜間の電気代を安くした「よりそう+ナイト」

 

「しばらく電気料金プランを見直していない」という方や、「家族が増えた」という方は、ぜひ一度東北電力の豊富な料金プランの中から、自分にピッタリなプランを見つけて下さいね!

 

電気のお申し込みはこちら

 

 

 

スポンサーリンク

-電気
-,

Copyright© でんき.online , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.