スポンサードサイト

新電力

【グリーナでんきのデメリット】オール電化を使用している方は要注意です

2020年7月28日

 

家の電気をグリーナでんきに切り替えようか検討しているんですけど、グリーナでんきのデメリットはありますか?

 

グリーナでんきのデメリットは、3つあります。①プランによっては、今お使いの地域電力の電気料金と変わらない。②対応エリアが限られている。③オール電化向けのプランがないことです。

 

グリーナでんきへのお申込みはこちら

 

WEBから引っ越し先の電気のお申し込み

 

 

グリーナでんきのデメリット①:GREENa RE100プランだと電気料金が変わらない

 

グリーナでんきの料金プラン「GREENa RE100」で契約すると、各地域電力の電気料金と変わりません。

 

GREENa RE100 プランは、日本で初めて100%自然エネルギーを使用した電気を実現しており、環境に優しい電気を提供することを目的としているため、電気料金は従来の地域電力と同じ設定になっています。

 

ただし、電気料金を安く、かつ、環境に優しい電力プラン「GREENa スタンダード」プランもありますので、電気料金を安くしたい方は、こちらのプランがおすすめです。

 

グリーナでんきのデメリット①

「GREENa RE100」プランだと電気料金が安くならない

 

グリーナでんきのデメリット②:対応しているエリアが少ない

 

グリーナでんきの2つ目のデメリットは、グリーナでんきに対応している供給エリアが少ないことです。

 

グリーナでんき対応エリア

  • 東北電力エリア
  • 東京電力エリア
  • 中部電力エリア
  • 関西電力エリア
  • 中国電力エリア
  • 九州電力エリア

 

これら以外の地域、北海道電力エリア、北陸電力エリア、四国電力エリア、沖縄電力エリアでは、グリーナでんきを使うことができません。

※ 現在、グリーナでんきでは対応エリア拡大に取り組んでいます

 

グリーナでんきのデメリット③:オール電化向けのプランがない

 

グリーナでんきには、オール電化向けのプランがありません。

 

ちなみにオール電化とは、電気、給湯、空調、調理の熱源を全て電気だけで対応している設備のことを言います。

 

現在住んでいるご自宅がオール電化かわからない場合は、毎月ガスの支払いをしているか確認しましょう。ガスの支払いがなければ、オール電化の可能性が高いですよ。

 

通常、オール電化向けの電気プランは、深夜時間の電気単価が割安に設定されています。深夜電力をうまく利用して日中に使用するお湯を沸かしたり、暖房の蓄熱をします。

 

つまり、オール電化を利用している場合は、グリーナでんきに切り替えると、逆に電気料金が上がってしまため、グリーナでんきに切り替えることができないのです。

 

グリーナでんきのデメリット③

オール電化向けのプランがない

 

グリーナでんきのデメリット④:料金支払いは、クレジットカードか口座振替のみ

 

グリーナでんきの料金支払い方法は、クレジットカード決済か、口座振替の2種類のみとなっています。

 

毎月の電気料金のお支払いをコンビニでされたい方は、グリーナでんきに切り替えてしまうと、コンビニでのお支払いができなくなるので注意が必要です。

 

ただし、クレジットカードもしくは銀行口座登録が完了するまでの間は、コンビニ払いの用紙が届くので、お支払い方法の登録をしなければコンビニでお支払いすることが可能です。

 

この際注意点は、毎月コンビニ払い用紙の発行手数料が300円ほどかかるので、覚えておきましょう。

 

グリーナでんきのデメリットまとめ

 

最後にグリーナでんきのデメリットをまとめます。

 

グリーナでんきのデメリット4つ

  • GREENa RE100プランだと地域電力と電気料金が変わらない
  • オール電化向けのプランがない
  • 対応しているエリアが少ない
  • 電気料金支払い法は、クレジットカードか口座振替のみ

 

こちらもあわせて読むとグリーナでんきの理解がより深まると思います。

 

グリーナでんきのまとめ

【グリーナでんきのまとめ】料金・メリット・デメリット・口コミをすべて解説

続きを見る

 

 

スポンサードサイト

スポンサードサイト

-新電力
-,

Copyright© でんき.online , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.