電気

関西電力のなっトクでんきをわかりやすく解説します

 

関西電力のなっトクでんきって何ですか?従量電灯Aとなっトクでんきの違いは何ですか?関西電力のなっトクでんきの電気料金はいくらくらいですか?

 

関西電力のなっトクでんきは、電気とガスの両方をお使いの一般家庭向けのプランです。従量電灯に比べ、電気料金が安く設定されています。従量電灯Aをご利用の方は、切り替えで電気代を安くすることができます。

 

電気のお申し込みはこちら

 

 

スポンサーリンク

関西電力のなっトクでんきって何?

 

関西電力のなっトクでんきは、電気とガスの両方をお使いの一般家庭向けのプランです。

 

従量電灯Aをご契約の方は、なっトクでんきに切り替えると電気代を安くできます。

 

なっトクでんきに加入するには、関電ガスの「なっトクプラン」を使用していることが条件になります。

 

オール電化や他社のガスをご利用の方は、加入できないのでご注意ください。

 

関西電力のなっトクでんきと従量電灯Aとの違いは?

 

関西電力のなっトクでんきと従量電灯Aの大きな違いは2つあります。

 

それは、「基本料金(最低料金)」と「電力量料金」です。私たちが毎月支払う電気代はこの2つによって決まります。

 

なっトクでんきと従量電灯Aの違い①:最低料金

関西電力の最低料金とは、電気を全く使わない場合でも支払う必要のあるお金のことです。

 

関西電力以外では「基本料金」と呼ばれています。なっトクでんきは従量電灯Aより最低料金が安く設定されています。

 

一般的に基本料金は、契約容量が大きいほど料金が高くなりますが、関西電力の最低料金は、契約容量に関係なく定額です。

 

なっトクでんきと従量電灯Aの違い②:電力量料金

電力量料金とは、使った分の電気に対して支払うお金のことです。

 

一般的に、電気を使えば使うほど、電気料金は高くなります。

 

なっトクでんきの電力量料金は、従量電灯Aよりも安く設定されているため、切り替えると、電気代がお得になります。

 

なっトクでんきの料金

 

なっとくでんきの最低料金

使用電力量単位料金
なっトクでんき15kWhまで1契約285円
従量電灯A15kWhまで1契約341円02銭

 

なっとくでんきの電力量料金

使用電力量単位料金
なっトクでんき15kWh超え~120kWhまで1kWh20円31銭
120kWh超え~300kWhまで1kWh24円10銭
300kWh超え~1kWh27円80銭
従量電灯A15kWh超え~120kWhまで1kWh20円32銭
120kWh超え~300kWhまで1kWh25円80銭
300kWh超え~1kWh29円29銭

 

従量電灯Aからなっトクでんきに切り替えると、4人暮らしのご家庭で、年間約4000円のお得になります。

 

スポンサーリンク

関西電力のなっトクでんきのオプション

 

関西電力のなっトクプランに加入することで、新しく利用できるオプションが増えます。

 

なっトクでんきのオプション①:暮らしサポート

他のプランだと有料になりますが、なっトクでんきに加入すれば無料で利用できます。

 

「家の給湯機が故障した」・「水回りの様子がおかしい」といったトラブルに駆けつけてくれます。

 

なっトクでんきのオプション②:はぴeポイント

電気を使った量に応じて、毎月「はぴeポイント」が付きます。

 

従量電灯Aでは1000円につき3ポイントのところ、なっトクでんきでは1000円につきなんと8ポイント付きます!

 

貯まったポイントは、電気代の支払いやTポイントなどに還元することができるため、とても便利です。

 

まとめ

 

 

今回は関西電力のなっトクでんきについてわかりやすくご紹介しました。

 

それでは、簡単にまとめて終わりにします。

 

まとめ

・なっトクでんきは、ガスと電気をご利用の一般家庭向けのプラン

・関電ガスを利用していることが加入条件

・従量電灯Aと比べ、最低料金・電力量料金が安く設定されている

・従量電灯Aから切り替えれば、電気代は安くなる

・なっトクでんきに加入すると、便利なオプションがつく。

 

電気のお申し込みはこちら

 

 

 

スポンサーリンク

-電気
-,

Copyright© でんき.online , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.