電気 電気代の節約 新電力

シンエナジーのメリットやデメリットは?料金や利用者の口コミとあわせてお伝えします

2021年5月24日

シンエナジーのWEB申し込みはコチラから

 

「シンエナジーのメリットってなんだろう?」

「シンエナジーにはデメリットもあるのかな?」

シンエナジーには、メリットとデメリットの両方があります。

メリットとデメリットを両方把握し、自分に合う電力会社か確認しましょう。

 

電気のお申し込みはこちら

 

WEBから電気のお申し込み

 

 

スポンサーリンク

シンエナジーのメリット5選

ここでは、シンエナジーのメリットとして

・自分に合ったプランを見つけやすい

・大手電力会社より確実に料金が安くなる

・違約金や初期費用がかからない

・電力使用量が把握できる

・マイルがたまる

上記5つを紹介します。

 

シンエナジーのメリットが気になっていた方は、是非参考にしてください。

 

自分に合ったプランを見つけやすい

 

シンエナジーには

・きほんプラン

・【夜】生活フィットプラン

・【昼】生活フィットプラン

・プランC

・低圧動力ワイド

上記5つのプランがあります。

 

プラン数が多いことはもちろん、プランごとに特徴も異なるので

自分に合ったプランを見つけやすいというメリットがあります。

 

プランごとの特徴や料金が気になる方はこちら

シンエナジー(電気)の料金は安い?高い??プランごとに料金を詳しく解説します

続きを見る

 

大手電力会社より確実に料金が安くなる

 

シンエナジーを利用すれば

大手電力会社よりも電気料金が必ず安くなるというメリットがあります。

 

シンエナジーのきほんプランと東京電力(重量電灯B)を比較すると

基本料金が約10%安くなるので、乗り換えただけで電気料金の節約になります。

 

実際にシンエナジーを利用している方の口コミでも、料金が安くなったという口コミが多いです。

 

シンエナジーの口コミが気になる方はこちら

シンエナジー(電気)を利用している人の口コミや評判は?料金プランも一緒に確認しよう

続きを見る

 

初期費用や違約金がかからない

 

シンエナジーでは、初期費用や、解約した際にかかることがある違約金がかかりません。

 

高額な初期費用や違約金がかからないので

新電力を契約するハードルとしてはかなり低く感じられるのではないでしょうか。

 

電力使用量が把握できる

 

シンエナジーを契約すると、マイページから電力使用量を簡単に確認することができます。

 

大手の電力会社では、月の電力料金の請求がされたときに

どのくらい電力を使用したのか確認することはできましたが、月の途中で確認することができません。

 

自分がどのくらい電力を使用したのか分かると、気づかないうちに電力を大量に使用し、高額な請求をされる心配もありません。

 

マイルがたまる

 

JALマイレージバンクの会員の方は、シンエナジーの料金を支払うと、JALのマイルがまります。

 

200円ごとに1マイルたまる仕組みなので、大量に貯めることは難しいですが

旅行好きな方などには、嬉しいポイントではないでしょうか。

 

シンエナジーのデメリット5選

シンエナジーには、以下5つのデメリットがあります。

 

・30A未満と契約できない

・北海道電力エリアは契約できない

・ガスとのセット割がない

・オール電化住宅向けのプランがない

・検針票発行に110円かかる

 

1つずつ解説します。

 

30A未満と契約できない

 

シンエナジーでは、30Aと契約できる料金プランがありません。

 

30Aは、一人暮らしでもスタンダードなアンペアのため、そこまで問題はありませんが、30Aよりも低いアンペアを契約し

基本料金を安く抑えたい方にとっては、デメリットです。

 

30A以下で契約したい方は、他の電力会社を検討しましょう。

 

北海道電力エリアは契約できない

 

シンエナジーでは、北海道電力エリアにお住まいの方は契約できません。

 

北海道電力エリアでじこぶを契約しようと考えていた方は、他の電力会社を契約するしかありません。

 

ガスとのセット割がない

 

多くの新電力会社には、ガスと電気をセットで契約すると

月額料金から割引してくれる「セット割」が存在しますが、シンエナジーにはありません。

 

セット割は、月100〜200円程の割引が多いので、そこまでお得にはなりませんが

セット割を目当てに新電力を検討している方は、他社を検討しましょう。

 

セット割がないシンエナジーと契約しても、セット割がある電力会社より電気代が安くなることもあるので

シンエナジーのプランや料金内容を一度確認してみましょう。

 

オール電化住宅向けのプランがない

 

シンエナジーには、オール電化向けのプランがないので、オール電化の方が契約すると、電気代が高くなる場合があります。

 

オール電化向けのプランだと、電気を使うほどお得なので、他社のオール電化向けのプランとの契約を検討しましょう。

 

明細を発行するのに110円かかる

 

シンエナジーでは、どのくらい電気を使ったのかが記載されている明細を発行するのに110円かかります。

 

webからも確認できるので、紙で発行する必要がない方は、デメリットになりません。

 

スポンサーリンク

シンエナジーが向いている人の特徴

ここでは、シンエナジーが向いている人の特徴をお伝えします。

 

ライフスタイルに合ったプランを選択したい人

 

ライフスタイルに合ったプランを選択したい人は、シンエナジーに向いています。

 

前述した通り、シンエナジーには様々な特徴のプランがあるので、仕事の関係で日中家にいなかったり

家事を日中に集中して行うといったように、自分のライフスタイルに合わせてプランを選びたい方には、シンエナジーがおすすめです。

 

シンエナジーには、日中の電気料金が安くなったり、夜の時間帯の電気料金が安くなるプランがあるので

自分のライフスタイルに合わせてプランを選択しましょう。

 

新電力への乗り換えを検討している人

 

現在、大手の電力会社を契約しているが

新電力への乗り換えを検討している方は、シンエナジーがおすすめです。

 

大手の電力会社よりも確実に電気料金が安くなりますし

契約した際の初期費用や違約金がかからないという点で、新電力を契約するハードルも低く感じられるかと思います。

 

シンエナジーのWEB申し込みはコチラから

 

まとめ

今回は、シンエナジーのメリット・デメリットや、向いている人の特徴についてお伝えしてきました。

 

メリットとデメリットをもう一度お伝えすると、以下の通りです。

 

シンエナジーのメリット

・自分に合ったプランを見つけやすい

・大手電力会社より確実に料金が安くなる

・違約金や初期費用がかからない

・電力使用量が把握できる

・マイルがたまる

 

シンエナジーのデメリット

・30A未満と契約できない

・北海道電力エリアは契約できない

・ガスとのセット割がない

・オール電化住宅向けのプランがない

・検針票発行に110円かかる

 

上記の通りです。

 

シンエナジーには、メリットデメリットの両方があります。

 

2つを比較して、自分に合う電力会社か確認しましょう。

 

シンエナジーのWEB申し込みはコチラから

 

電気のお申し込みはこちら

 

WEBから電気のお申し込み

スポンサーリンク

-電気, 電気代の節約, 新電力
-,

Copyright© でんき.online , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.