スポンサードサイト

電気 新電力

電力の強制解約になった!そんな時の対処法を解説します!

2020年12月23日

電力の強制解約となってしまった場合は、どうしたら良いですか?

電気代を滞納している場合は、電力会社へ連絡し支払いをしましょう。

その後、新たな電力会社と早急に契約する必要があります。

電気のお申し込みはこちら

 

WEBから電気のお申し込み

 

 

電力の強制解約になってしまった場合はどうなる?

「電気代が引き落としにならなかった」、「電気代を延滞してしまった」という理由で、突然の強制解約の通知が来た方は、さぞかし驚かれたのではないでしょうか。

電気はガスや水道と違い、停止されるまでの猶予期間が短めとなっていますので、注意が必要です。

電力の強制解約となってしまった場合には、下記の点を注意しなければなりません。

 

電気が使えなくなってしまう

 

電力の強制解約で一番困るのは、電気が使えなくなってしまうことです。

 

電気が使えないと困ること

  • 冷蔵庫または冷凍庫が機能しなくなる
  • スマホの充電ができなくなる
  • 冷房または暖房器具が使えなくなる

など。

 

電気が使えないと、今まで当たり前だったことが当たり前ではなくなり、日常生活に大きな支障をきたします。

 

延滞料金がかかる

 

電力の強制解約となる一番の原因は、料金の滞納です。

電力会社によって割合は異なるものの、延滞料金が発生する場合がありますので、注意が必要です。

 

クレジットカード払いの場合は信用情報にも関わる

 

強制解約となってしまった電力会社の支払い方法は、クレジットカード決済ではありませんか?

もしクレジットカードで滞納をしている場合は信用情報に関わり、今後クレジットカードを発行できなくなったり、必要な時にローンが組めないといったことにもなりかねません。

クレジットカードでの問題がある場合には、まずはクレジットカード会社へ連絡し、支払いの旨を伝え、支払いを済ませましょう。

 

電力の強制解約になってしまった場合の対処法は?

電力の強制解約となってしまった場合には、一体どうすると良いのでしょうか?

 

延滞金がある場合はまず支払いを

 

料金を滞納している場合には、早めに電力会社へ連絡し、支払いする旨を伝えましょう。

その際には支払い日時などを質問されることとなりますので、あらかじめ計画を立てておくことが大切です。

 

早急に新たな電力会社と契約をする

 

強制解約となってしまった場合、なるべく早急に新たな電力会社を探す必要があります。

最近では新電力会社の数も豊富ですので、自分がお住いのエリア内で契約可能な新電力会社を探してみるのも良いでしょう。

 

自分にピッタリな新電力会社と契約する

電話番号:050-3033-2267

営業時間:10時ー23時

 

電気の契約に必要な情報は?

 

新たに契約する電力会社を決めたら、電話またはWEBにて利用開始のお手続きをしましょう。

その際には、下記の情報を聞かれることとなります。

 

  • 契約者氏名
  • 契約住所
  • 支払方法(クレジット・口座振替)
  • 電話番号
  • メールアドレス

とくにメールアドレスは、とっさに聞かれるとなかなか答えにくいもの。

事前にメモなどをして用意しておくと、手続きがスムーズにいきますね。

 

まとめ

 

電力の強制解約となってしまった場合には、慌てず手順を踏むことが大切です。

 

  • 延滞金がある場合は支払いをする
  • 新たな電力会社と契約をする

電気の使用ができないと、日常生活に多大な影響が出ます。

お部屋が真っ暗になってしまう前に、新たな電力会社と契約することをおすすめします。

 

新たな電力会社探しでお困りの際は、コチラにお気軽にお問い合わせ下さい。

電話番号:050-3033-2267

営業時間:10時ー23時

 

電気のお申し込みはこちら

WEBから電気のお申し込み

 

スポンサードサイト

スポンサードサイト

-電気, 新電力
-, ,

Copyright© でんき.online , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.