新電力 電気

【電気の自由化でなぜ電気が安くなるのか?】その仕組みを解説します!

2021年1月12日

電力の自由化でなぜ電気が安くなったのですか?

電力の自由化で、料金も自由に設定できるようになりました。

たくさんの新電力が登場し、電力会社同士の競争も価格が安くなった理由の一つです。

電力以外のサービスとのお得なプランも活用すれば電気代はもっと安くなるかもしれません。

 

電気のお申し込みはこちら

 

 

WEBから電気のお申し込み

 

 

スポンサーリンク

電力自由化とは?

 

2016年4月1日から始まった電力自由化は、電気の小売業が全面的に自由化され

大手電力会社以外の一般企業も電気の販売が可能になった制度です。

 

これにより、私たち消費者は今までの大手電力会社以外にも「新電力」と呼ばれるサービスから電気を購入することができるようになりました。

 

それでは、電力自由化で電気料金が安くなる理由を解説していきます。

 

電力自由化でなぜ電気料金が安くなる?

皆さんもCMや広告でよく見る「〇〇なら電気代がお得」というフレーズ。

 

そのほとんどが新電力と呼ばれる企業が実施しているサービスの一環です。

 

では、なぜ電気料金を安くできるのでしょうか?

 

理由①:電気料金設定が自由になった

 

電力の自由化前は、各地域の大手電力会社が国の規制にそって電気料金を決めていました。

 

つまり、電気料金を自由に決めることはできなかったのです。

 

電力の自由化で、これまで出来なかった電気料金も自由に設定できるようになりました。

 

現在では、様々な新電力が独自の料金設定で電力を販売しています。

 

理由②:新電力の間で価格競争が起こった

 

自由に電力を販売できるようになり、電力料金の設定も自由になった電力自由化で

多くの新電力が電力ビジネスをスタートしました。

 

現在では600社以上もの新電力が、電力の販売を行っています。

 

各地域の大手電力会社も新電力に負けじと、新しい電力料金プランやセットメニューなどを提供しています。

 

こうした電力会社同士の競争も、電力料金を安くしている一つの理由です。

 

各電力会社が、消費者の求める電力料金プランをつくることでたくさんのお得なプランも登場しました。

 

電力料金単価だけでなく

自分の電気の使い方や家族の人数などに合った電力会社を選べるようになったのも電力自由化のおかげですね。

 

理由③:電力以外とのセット割が可能になった

 

新電力には、電力以外のサービスと電力のセット割引や特典をパッケージにして提供している会社が多くあります。

 

例えばガソリンスタンド系の新電力では、電気代の割引だけでなくガソリン代の割引やポイントもついています。

 

コンビニ系新電力では提携しているポイントカードのポイントを受け取ったり

携帯電話系の新電力は携帯電話料金やインターネット料金の割引が適用されます。

 

自分のライフスタイルにあった新電力を選べば、電気代だけでなく他のサービスもお得になります。

 

是非自分にあった新電力をみつけてください。

 

スポンサーリンク

新電力で得をしたいならこの3社

 

新電力は電気料金が安いと説明してきましたが

実は自分にライフスタイルにあった新電力を選ばないと、現在より電気代が高くなる可能性があります。

 

そこで、今回は大半の方が電気代を安くできる新電力を3社ご紹介します。

 

エルピオでんき

 

エルピオでんきは株式会社エルピオ(LPIO)が販売している電気のことです。

 

北海道と沖縄以外の全国にお住まいのご家庭に電気を届けています。

 

なんといっても電気料金の安さが特徴で、新電力の中でもトップクラスです。

 

エルピオでんきは大々的な広告を打たず

特典やサービスを最低限におさえることで電気料金の値下げを実現しました。

 

露出はあまり高くないので、エルピオでんきを見つけたあなたはラッキーと言えるでしょう。

 

☆エルピオでんきと東京電力の電気料金比較

東京電力エリア
区分エルピオでんき東京電力

基本料金

40A1086.8円1144円
50A1344.2円1430円
60A1613.04円1716円
電力量料金1kWhあたり120kWhまで18.84円19.88円
120kWh超え~300kWhまで23.03円26.48円
300kWh超え25.78円30.57円

 

両社を比較すると、基本料金・電力量料金ともに安く設定されています。

 

しかし、契約容量が40Aからなので、1人暮らしの方にとっては不向きと言えるでしょう。

 

エルピオでんきのWEB申し込みはこちら

 

シンエナジー

 

シンエナジーは、基本プランから1人暮らし向けプラン、オール電化プランとさまざまなご家庭に向けてプランを用意しています。

 

また、電気料金によってマイルやポイントが貯まり、電気代や商品に還元できます。

 

☆シンエナジーと東京電力の電気料金比較

東京電力エリア
区分シンエナジー東京電力

基本料金

30A768.34円858円
40A1024.45円1144円
50A1280.56円1430円
60A1536.68円1716円
電力量料金1kWhあたり120kWhまで19.67円19.88円
120kWh超え~300kWhまで24.78円26.48円
300kWh超え27.71円30.57円

 

両社を比較すると、基本料金・電力量料金ともにシンエナジーの方が安く設定されています。

 

自分に合った細かいプランを選びたい方はシンエナジーがおすすめです。

 

シンエナジーのWEB申し込みはコチラから

 

ミツウロコでんき

 

ちびまる子ちゃんのCMでお馴染みのミツウロコでんき。

 

ミツウロコでんきを運営しているミツウロコグループは、90年以上の実績があるエネルギー企業です。

 

ミツウロコでんきは、再生可能エネルギーでの発電を主にしており

全体の約20%をFITバイオマスやFIT太陽光などで構成しているのが特徴です。

 

ミツウロコでんきでは、電気使用量が多いご家庭向けのプランはもちろんのこと、

一人暮らしの方など電気使用量が比較的少なめのご家庭向けの『シングル応援プラン』もあり

あらゆるライフスタイルに対応しているのが魅力的な電力会社です。

 

☆ミツウロコでんきと東京電力の電気料金比較

東京電力エリア
区分ミツウロコでんき東京電力

基本料金

30A858円858円
40A1144円1144円
50A1430円1430円
60A1716円1716円
電力量料金1kWhあたり120kWhまで23.10円19.88円
120kWh超え~300kWhまで23.40円26.48円
300kWh超え25.71円30.57円

 

両社を比較すると、電力量料金に差があることがわかります。

 

120kWhまでの単価は東京電力の方が安いので、1人暮らしの方にとってミツウロコでんきは不向きと言えます。

 

しかし、3~4人家族であれば、断然ミツウロコでんきがお得です。

 

ミツウロコでんきの申し込みはコチラから

電話番号:050-3033-2267

受付時間:10:00~20:00(定休日:年末年始)

 

まとめ

 

電力の自由化は、これまでの電気料金の仕組みを大きく変えました。

自由な価格設定とたくさんの新電力の誕生によって、電気代を安く出来るようになったのです。

 

電力自由化の仕組みを参考にしながら、まずは自分の電気の使い方を見直してみましょう。

ライフスタイルにあった新電力を選べばもっと電気代が安くなるかもしれませんよ。

 

電気のお申し込みはこちら

 

 

WEBから電気のお申し込み

 

スポンサーリンク

-新電力, 電気
-, ,

Copyright© でんき.online , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.