スポンサードサイト

電気

九州電力のスマートビジネスプランとは?料金比較やデメリットまで解説!

2020年11月12日

 

九州電力のスマートビジネスプランは、どんな料金プランですか?

 

九州電力のスマートビジネスプランは、電気使用量が多い事務所や商店などを経営している方におすすめな料金プランです。電気使用量が多いほど、電気代がお得になります。

 

電気のお申し込みはこちら

 

 

九州電力の「スマートビジネスプラン」とは?

 

九州電力の「スマートビジネスプラン」は、6kVA以上~50kVA未満をお使いの、電気使用量が多い事務所や商店などを経営している方におすすめな料金プランとなっています。

 

スマートビジネスプランの特徴

  • 季節や時間帯に関係なく、一律料金
  • 電気使用量が301kWh以上の場合では、従量電灯Cプランより電気代が安くなる

 

九州電力のプランについて詳しくは、コチラにまとめています。

九州電力の料金プランは?プラン確認・プラン変更方法まで解説!

続きを見る

 

スマートビジネスプランの料金は?

 

スマートビジネスプランの料金は、従量電灯Cプランと比べるとどのくらい料金が安くんなるのでしょうか?料金を比較してみましょう。

 

【スマートビジネスプラン・従量電灯C基本料金比較】

1kVA従量電灯C297.00円
スマートビジネスプラン297.00円

 

【スマートビジネスプラン・従量電灯Bの電気量料金比較】

0~120kWh120~300kWh300kWh~
従量電灯C17.46円23.06円26.06円
スマートビジネスプラン23.06円23.06円23.06円

 

スマートビジネスプランでは、基本料金は従量電灯Cプランと同額なものの、電気使用量が301kWh以上での場合には、従量電灯Cより1kWhあたりの料金単価が3円お安くなります。

 

そのため、電気使用量が多めの事業者の方は、断然こちらのスマートビジネスプランにした方が料金がお得になりますね。

 

九州電力の料金について詳しくは、コチラにまとめています。

九州電力の料金は?料金プラン見直しで今より割引になるのか比較!

続きを見る

 

 

スマートビジネスプランのデメリットとは?

 

スマートビジネスプランでは、301kWh以上での場合には、従量電灯Cより1kWhあたりの料金単価が3円お安くなりますが、300kWh以下の使用量の場合には従量電灯Cと料金は同額となっており、極端に使用量が少ない方にとっては逆に電気代が高くなってしまう可能性もあります。

 

また、オール電化の場合には電気代が高くなってしまいますので、注意しましょう。

 

スマートビジネスプランの違約金は?

 

スマートビジネスプランに違約金はありませんので、安心して気軽にお申込みができます。

 

まとめ

 

スマートビジネスプランは、6kVA以上~50kVA未満をお使いの、電気使用量が多い事務所や商店などを経営している方におすすめな料金プランです。

 

まとめ

  • 季節や時間帯に関係なく、一律料金
  • 電気使用量が301kWh以上の場合では、従量電灯Cプランより電気代が安くなる

 

「今より電気代を安くしたい」とお考えの事業者の方は、ぜひ一度スマートビジネスプランを検討してみてはいかがでしょうか?

 

電気のお申し込みはこちら

 

 

スポンサードサイト

スポンサードサイト

-電気
-,

Copyright© でんき.online , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.