ガス ガス代の節約

ミツウロコガスとニチガスを比較!どちらが高い?安い?料金やプラン内容の違いをお伝えします

「ミツウロコガスとニチガスどちらにしようか悩んでいる」

「自分に合うガス会社がどっちなのか知りたい」

ミツウロコガスとニチガスを比較すると、料金・提供地域・セット割・プランごとの割引などに違いがあることがわかりました。

記事内で徹底的に比較しているので、違いが気になる方は参考にしてください。

 

ミツウロコでんき、ガスのお申し込みはこちら

 

WEBから電気のお申し込み

 

 

スポンサーリンク

ミツウロコガスとニチガスの比較

ここでは、ミツウロコガスとニチガスを比較していきます。

 

違いをわかりやすくまとめてお伝えするので、自分に合うガス会社はどちらなのか決める際の参考にしてください

 

先にミツウロコガスとニチガスを比較した結果をお伝えすると以下の通りです。

 

ミツウロコガス ヴェッセルミツウロコガス グリーングリーンエネルギーニチガス
一般的なプランの料金高い高い安い
提供地域東京ガス(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県)/東邦ガス(愛知県・岐阜県・三重県)/大阪ガス(大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県・滋賀県)エリア東京ガス(東京地区等)/東部ガス/鷲宮ガス/栃木ガス/野田ガス/武陽ガス/角栄ガス(佐倉地区)/館林ガス/昭島ガス/秦野ガス/厚木ガス/大東ガス/武州ガス/伊奈都市ガスエリア
電気とガスのセット割あり(最大で220円/月)あり(110円/月)ガス:5%割引

電気:月200kWh以上の利用で300円/月割引

解約金なしなしなし
プランごとの割引あり(最大で月額料金の13%)あり(最大で月額料金の6%)なし
プランの数東京ガスエリア:4つ

東邦ガスエリア:2つ

大阪ガスエリア:8つ

東京ガスエリア:2つ

東邦ガスエリア:2つ

大阪ガスエリア:2つ

地域ごとのプランは1つ

 

一般的なプランの料金の比較は以下の通りです。

 

【ミツウロコガス ヴェッセル(ミツウロコガススタンダード 東京ガスエリア)】

使用量基本料金(円/月)基準単位料金(円/㎥)
A0㎥/月から20㎥/月まで735.46140.76
B20㎥/月をこえ80㎥/月まで1,022.38126.42
C80㎥/月をこえ200㎥/月まで1,193.39124.28
D200㎥/月をこえ500㎥/月まで1,833.02121.08
E500㎥/月をこえ800㎥/月まで6,100.61112.54
F800㎥/月をこえる場合12,065.05105.09

※全て税込価格です

 

【ミツウロコガス グリーンエネルギー(まる得プラン 東京ガスエリア)】

使用量基本料金(円/月)従量料金(円/㎥)
A0㎥/月から20㎥/月まで734.71140.66
B20㎥/月をこえ80㎥/月まで1022.20126.28
C80㎥/月をこえ200㎥/月まで1192.57124.15
D200㎥/月をこえ500㎥/月まで1831.45120.96
E500㎥/月をこえ800㎥/月まで6090.65112.44
F800㎥/月をこえる場合12053.53104.98

※全て税込価格です

 

【ニチガス(東京ガスエリア)】

使用量基本料金(円/月)調整単位料金 2021年8月(円/㎥)
A0㎥/月から5㎥/月まで1,485.00円0円
B5㎥/月をこえ20㎥/月まで795.30円127.35円
C20㎥/月をこえ80㎥/月まで1,077.57円113.23円
D80㎥/月をこえ200㎥/月まで1,244.77円111.13円
E200㎥/月をこえ500㎥/月まで1,871.77円108.01円
F500㎥/月をこえ800㎥/月まで6,051.77円99.65円
G800㎥/月をこえる場合11,903.77円92.33円

※全て税込価格です

 

ミツウロコガスのメリットが知りたい方はこちら

ニチガスのメリットが知りたい方はこちら

ニチガス(都市ガス)のメリットは?安い料金と充実したサービスが人気の秘訣

続きを見る

 

一般的なプランの料金比較

 

ミツウロコガスの一般的なプランである「ミツウロコガススタンダード」・「まる得プラン」とニチガスのプランの料金を比較すると

ガスの使用量に関わらず、ニチガスの方が安いことがわかります。

 

ガスの使用量が少ない場合はそこまで差は開きませんが、使用量が多くなればなるほどニチガスの方が安くなります。

 

ガスの料金を抑えたい方にはニチガスがおすすめです。

 

電気とガスのセット割の比較

 

ミツウロコガスとニチガスのどちらにもセット割は存在します。

 

ミツウロコガスは毎月最大220円の割引なのに対して、ニチガスは電気を200kWh以上利用する場合

毎月300円の割引を受けることができます。

 

ニチガスを利用する方で電気の使用量が少ない方は

セット割を受けられないということではありません。

 

電気の使用量が少ない人でも、ガスの月額料金から毎月5%の割引を受けることができるので

ミツウロコガスとそこまで差があるようには感じません。

 

プランごとの割引の比較

 

ミツウロコガスには、プランによって割引制度が設けられている場合がありますが

ニチガスには割引制度がありません。

 

ミツウロコガスのプランごとの割引で一番大きい割引は

ミツウロコガス ヴィッセルの「ミツウロコガス発電」というプランの浴室暖房と床暖房を両方利用している方に適用される「ダブル割」です。

 

ダブル割は冬期の場合、月額料金の13%を割引(割引上限は10,475円)してくれます。

 

ダブル割であればニチガスより料金が安くなる場合もありますが

他のプランの割引はそこまで高額ではないので、ミツウロコガス発電以外のプランはニチガスの方が安いです。

 

スポンサーリンク

ミツウロコガスとニチガスの口コミ

ここまでは、両者の特徴を比較して違いをお伝えしてきましたが

実際に利用している方がどのように感じているのかも気になるところです。

 

口コミに関しては以下の記事で詳しく解説しているので、是非参考にしてください。

 

・ミツウロコガスの口コミはこちら

ミツウロコガスの口コミや評判は?利用者や検討中の方の感想をお伝えします

続きを見る

 

・ニチガスの口コミはこちら

ニチガス(都市ガス)の口コミ・評判は?リアルな声をご紹介します

続きを見る

 

ニチガスのプランや料金・評判のまとめ記事はこちら(https://denki.online/nichigas/)

 

まとめ

今回は、ミツウロコガスとニチガスの比較をして違いをお伝えしてきました。

 

比較した内容をもう一度お伝えすると以下の通りです。

 

ミツウロコガス ヴェッセルミツウロコガス グリーングリーンエネルギーニチガス
一般的なプランの料金高い高い安い
提供地域東京ガス(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県)/東邦ガス(愛知県・岐阜県・三重県)/大阪ガス(大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県・滋賀県)エリア東京ガス(東京地区等)/東部ガス/鷲宮ガス/栃木ガス/野田ガス/武陽ガス/角栄ガス(佐倉地区)/館林ガス/昭島ガス/秦野ガス/厚木ガス/大東ガス/武州ガス/伊奈都市ガスエリア
電気とガスのセット割あり(最大で220円/月)あり(110円/月)ガス:5%割引

電気:月200kWh以上の利用で300円/月割引

解約金なしなしなし
プランごとの割引あり(最大で月額料金の13%)あり(最大で月額料金の6%)なし
プランの数東京ガスエリア:4つ

東邦ガスエリア:2つ

大阪ガスエリア:8つ

東京ガスエリア:2つ

東邦ガスエリア:2つ

大阪ガスエリア:2つ

地域ごとのプランは1つ

 

ポイント

一般的なプランの場合:ニチガスが安い

ミツウロコガス発電の「ダブル割」を利用する:ミツウロコガスが安い

 

口コミやメリットデメリットを考慮し、総合的に評価すると、ニチガスがおすすめです。

 

口コミを見ると、ニチガスに乗り換えて料金が安くなったという方が多くいるので

お得にガスを利用したい方は、ニチガスを契約しましょう。

 

ミツウロコでんき、ガスのお申し込みはこちら

 

WEBから電気のお申し込み

 

スポンサーリンク

-ガス, ガス代の節約
-, ,

Copyright© でんき.online , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.