電気

【東京電力エリアのおすすめプラン】一人暮らしの方にピッタリなプランをご紹介します

2020年8月13日

 

・東京電力エリアで一人暮らしにおすすめなプランはありますか?

・東京電力と新電力、結局どちらを選べばいいの?

 

東京電力エリアで一人暮らしにおすすめのプランはたくさんあります。

今回は東京電力と新電力でそれぞれ3つのプランをご紹介するので、気になるプランはすぐにチェックして下さい。

 

電気のお申込みはこちら

 

 

スポンサーリンク

一人暮らしにおすすめなプラン【東京電力編】

 

「今月も電気代が高いな…」と悩んでる人は意外と多いのではないでしょうか。

 

特に一人暮らしの方は「電気をあまり使ってないのに電気代が高い」と思ったことはありませんか?

 

東京電力にはたくさんの料金プランがあります。

 

一人暮らしの方向けのプランを選ばないと、電気料金が高くなるので注意しましょう。

 

この記事では、暮らしの方におすすめの料金プランを3つご紹介します。

 

おすすめ①:スタンダードプラン

 

スタンダードプランは、電気とガスを利用しているご家庭の中で、あまり電気を使わないという方向けのプランです。

 

今でも利用者の多い従量電灯と比べると、「電力量料金」が安く設定されています。

 

そのため昼夜問わず、電気をあまり使わない方は電気代を安くすることができます。

 

他にもポイントやサービスがつくのでお得です。

 

東京電力のスタンダードプランについて詳しくはこちらにまとめています。

東京電力のスタンダードプランを解説します【電気の使用量が少ない方必見】

続きを見る

 

おすすめ②:スマートライフプラン

スマートライフプランはオール電化のご家庭向けのプランです。

 

ガスも一緒に利用している方はあてはまらないので注意してください。

 

スマートライフプランは、「基本料金」が定額でなく、夜間の「電力量料金」が格段に安くなっています。

 

そのため、会社から帰って、夜中に電気を使う一人暮らしの方にはピッタリのプランです。

 

スマートライフプランについて詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。

東京電力のスマートライフプランをわかりやすく紹介します

続きを見る

 

おすすめ③:夜トクプラン

 

夜トクプランは、夜中に電気を利用することが多い会社員の方向けのプランです。

 

夜トクプランには「夜トク8」と「夜トク12」の2種類があり、時間帯ごとに料金が変化します。

 

夜トク8はPM11:00から翌AM7:00まで、夜トク12はPM9:00~翌AM9:00までの電気代が断然お得になっています。

 

しかし、夜トクプランは日中の電気代が割高なのがデメリットです。

 

夜中と比較して1kWhあたり10円近く高くなるため注意が必要です。

 

☆夜トクプランの料金

夜トク8(1kWhあたりの電気代)

PM11:00~翌AM7:00→21.16円

AM7:00~PM11:00→32.74円

 

夜トク12(1kWhあたりの電気代)

PM9:00~翌AM9:00→22.97円

AM9:00~PM9:00→34.39円

 

 一人暮らしにおすすめなプラン【新電力編】

 

2016年4月に始まった「電力自由化」で、ご家庭の電気代をより安くすることができるようになりました。

 

しかし、「新電力ってよくわからない」「東京電力のままでいいや」と考えていませんか?

 

そう思っている方は、電気代を安くするチャンスをみすみす逃しています!新電力というサービスを使えば、電気料金は安くできます!

 

そこで今回は、次の3つの新電力をご紹介します。ぜひ参考にして下さい。

 

おすすめの3つの新電力

・ループ電気

・ENEOSでんき

・グリーナでんき

 

ループ電気

 

多くの電力会社では、基本料金を毎月同じ額支払わなければなりません。

 

しかし、ループでんきは基本料金がいつでも0円です。

 

そのため、電気代は使った分の電気料金を支払うだけです。

 

とてもわかりやすい仕組みなので、お年寄りにもやさしいプランになっています。

 

ループ電気について詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

【Looop(ループ)でんきは本当に安い?】ループ電気のすべてを徹底調査しました

続きを見る

 

LOOOPでんきの申し込みはこちら

 

ENEOSでんき

 

ガソリンスタンドで有名なENEOSですが、電気の販売もしています。

 

東京電力のプランより電力量料金が安く設定されているのがポイントです。

 

ENEOSでんきに乗り換えると、年間約5000円も電気代が安くなります。

 

さらに今申し込めば、基本料金が3ヶ月分タダになるのでとてもお得です。

 

ENEOSでんきについて詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

【ENEOSでんきを大調査】ENEOSでんきのすべてがわかります

続きを見る

 

グリーナでんき

 

グリーナでんきは、自然にやさしい電気づくりに取り組んでいる会社です。

 

また、再生可能エネルギーを100%使った電気を初めて販売した会社でもあります。

 

基本料金・電力量料金がともに安く設定されているので、一人暮らしの方であっても年間約7000円電気代を安くできます。

 

グリーナでんきについて詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

【グリーナでんきのまとめ】料金・メリット・デメリット・口コミをすべて解説

続きを見る

 

グリーナでんきの申し込みはこちら

電話番号:050-3033-2267

受付時間:10:00~20:00(定休日:年末年始)

 

スポンサーリンク

電力会社にこだわりがない方は新電力がお得

 

東京電力と新電力それぞれの一人暮らし向けプランをご紹介しましたが

料金・キャンペーン・ポイントなどを加味すると新電力の方がお得と言えるでしょう。

 

ですが、東京電力が根強い人気を誇っているのも事実です。

 

もし、何となく東京電力を利用している方がいたら、新電力に乗り換えた方が満足できますよ。

 

新電力に不安をお持ちの方はこちらの記事をご覧ください。

新電力って実際どうなの?口コミ・評判、メリット・デメリットをご紹介します

続きを見る

 

まとめ

今回は、東京電力エリアでおすすめのプランをご紹介しました。

 

東京電力にも一人暮らし向けプランは存在するものの、新電力と比較すると少し物足りないようです。

 

新電力は今回紹介した3社以外にもたくさんあります。

 

できるだけ自分にあったプランを選びたい方は、以下にご連絡下さい

 

 

 

 

スポンサーリンク

-電気
-, ,

Copyright© でんき.online , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.