スポンサードサイト

電気 新電力

【電力自由化のデメリット】切替前に知れば得する4つのポイント

2021年1月27日

電力自由化のデメリットはありますか?

電力自由化のデメリットもありますが、切替前にデメリットを理解して注意すれば問題ありません。

 

電気のお申し込みはこちら

 

WEBから電気のお申し込み

 

 

電力自由化のデメリットとは

 

2016年4月に電力が自由化されて間もなく5年になります。

多くの新電力が誕生し、今までよりもお得な電力料金プランを選べるようになりました。

 

新電力への切替を検討する人のために、デメリット4点をご紹介します。

メリットの多い新電力だからこそ、デメリットを知って自分にあった、お得な新電力を見つけてください。

 

デメリット① 途中違約金がかかる場合がある

 

今すでに新電力を使っている場合、一部の新電力では、契約期間を定めその期間中に解約すると違約金を請求されます。

 

近々引っ越しするかもしれない人、異動で住所が変わるかもしれない人は、申し込み前に違約金が発生する契約かどうか確認をしましょう。

 

新電力には、違約金のない料金プランもたくさんあります。

事前に契約内容をしっかり確認することが大切です。

 

デメリット② 電気料金が高くなるプランもある

 

今までの電気料金に比べて安い電気料金メニューが多いのは、新電力の魅力の一つです。

 

ですが、加入する新電力の電気料金プランやメニューによっては、以前よりも電気料金が高くなる場合もあります。

 

それを防ぐには、自分の電気の使い方(電気を使う時間帯や使用量(一人暮らし、オール電化住宅など))に合わせて月々の電気料金のシュミレーションを事前に計算してみるのがおススメです。

 

また、一部の新電力で採用されている「市場連動型」の電気料金プランは

市場で扱われている電気の卸売り価格が上がってしまうと、電気料金も上がります。

契約前に確認しましょう。

 

デメリット③ 住宅によっては新電力を選べない場合がある

 

大型のマンションなどでは、エレベーターや電灯用にたくさん電気を使うので個々の居住者の電気の契約も含めて

建物全体で高圧電力の契約をしている場合があります。

 

このような場合、個人で別の電力会社を選べない可能性があります。

事前に管理会社や不動産会社などに建物自体の電力の契約について確認してみましょう。

 

デメリット④ プランが多すぎて選ぶのが大変

 

電力自由化がスタートし、たくさんの新電力が競いあい独自の電力料金プランやセット料金、特典などを提供しています。

 

たくさんの料金プランやサービスのなかから、自分にあった新電力を選ぶことが難しいと感じる人もいるかもしれません。

 

今の電気料金と新電力に切替えた場合の電気代のシュミレーションをもとに

気軽に始められて、違約金ない料金プランやサービスからスタートしてみるのがおススメです。

 

まとめ

 

電力が自由化がスタートして以降、新電力各社による電力料金プランは今も増えています。

 

安い電気料金だけでなく、便利なセット割引や特典も豊富な新電力。

メリットが多いなか、デメリットを知って自分にあった新電力を上手に活用しましょう!

 

電気のお申し込みはこちら

 

WEBから電気のお申し込み

 

 

 

スポンサードサイト

スポンサードサイト

-電気, 新電力
-, ,

Copyright© でんき.online , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.