新電力

【Looop(ループ)電気の料金】ループ電気の電気料金を比較しました

2020年7月19日

 

ポイント

ループ電気に乗り換えたことで「電気料金が安くなった!」という方がたくさんいます。そこで今回は、ループ電気の料金比較、対応エリア、特徴や割引サービスまで大調査してみました!「ループ電気って本当に安くなる?」「ガスとのセット割もあるって本当?」と疑問をお持ちの方は、ぜひチェックして下さいね!

 

ループ電気の電気料金はいくらですか?自分の住んでいる地域でも電気料金は安くなりますか?

 

ループ電気は、基本料金0円という料金プランが特徴です。電気を使えば使うほど、地域の電力会社の電気料金より安くなります。離島以外であれば全国でループ電気を利用することができます。

 

 

ループ電気のお申し込みはコチラから

スポンサーリンク

ループ電気とは?

 

ループ電気は、2011年3月の東日本大震災を機に設立された新電力会社です。

 

被災地へ太陽光発電を設置するボランティア活動を通じて、現在も自然エネルギーの復旧に挑戦し続けている会社です。

 

ループ電気の1番の特徴は「基本料金が0円」という斬新な料金設定です。

 

また、他社よりも料金プランがシンプルですので、とてもわかりやすい料金設定となっています。

 

地域の電力会社よりも電気料金が安く、実際にループ電気に乗り換えた方からは「電気料金が安くなった!」と評判の良い新電力です。

 

離島以外の全国の地域でループ電気を使うことができます。「電気がつかない」「停電した」などの緊急時には、「24時間365日」駆けつけサービスがあるので安心して利用することができるのもループ電気の魅力です。

 

ループ電気の特徴

  • 電気の基本料金が0円
  • 電気を使えば使うほど電気料金が安くなる
  • 料金プランがシンプルでわかりやすい
  • 「電気料金が安くなった」と評判の良い会社
  • 「電気がつかない」といった緊急時に駆けつけサービスがあるので安心

 

ループ電気でんきの対応エリアは?

 

ループ電気の対応エリアは、下記の通りです。

 

ループ電気の対応エリア

  • 北海道電力エリア
  • 東北電力エリア
  • 北陸電力エリア
  • 東京電力エリア
  • 中部電力エリア
  • 関西電力エリア
  • 中国電力エリア
  • 四国電力エリア
  • 九州電力エリア
  • 沖縄電力エリア

※ ただし、離島は除く

 

電気料金のしくみ

 

ループ電気の電気料金を見る前に、電気料金のしくみを理解しておきましょう。

 

「電気料金を安くしたい!」と思っている方は、電気料金のしくみについて知っておくことが大切ですよ。

毎月の電気料金は、「基本料金+電力量料金」といった型で請求がきます。

“電気料金の内訳”

  •  基本料金
  • 電力量料金

つまり、基本料金を安くするか、電力量料金を安くすれば、毎月の電気代が安くなるってことです!

基本料金、電力量料金について詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

 

基本料金について

電気の基本料金は?電気代を安くするための2つの方法をご紹介!

続きを見る

 

電力量料金について

【電気料金の平均はいくら?】電気料金を安くする2つの方法

続きを見る

 

では、ループ電気では地域電力と比べて電気料金はどのぐらい安くなるのでしょうか?

 

一緒に見ていきましょう!

 

ループ電気の基本料金

ループ電気の基本料金は0円です。

 

地域の電力会社では、契約アンペア数によって基本料金がかかりますが、ループ電気ではなんと0円です。

 

特に、電気の使用量が多く契約アンペア数が高い方には、かなりお得ですね。

 

また、「契約アンペア数がわからない」という方も実は多いものですが、その点に関しても、ループ電気は基本料金が0円なので、わかりやすくて便利ですね!

 

ループ電気と各地域電力会社の基本料金の比較

20A30A40A50A60Aループ電気
北海道電力682.00円1,023.00円1,364.00円1,705.00円2,046.00円0円
東北電力660.00円990.00円1,320.00円1,650.00円1,980.00円0円
北陸電力484.00円726.00円968.00円1,210.00円1,452.00円0円
東京電力572.00円858.00円1,144.00円1,430.00円1,716.00円0円
中部電力572.00円858.00円1,144.00円1,430.00円1,716.00円0円
九州電力594.00円891.00円1,188.00円1,485.00円1,782.00円0円

 

最低基本料金ループ電気
関西電力396.00円0円
中国電力258.50円0円
四国電力374.00円0円
沖縄電力402.40円0円

 

ループ電気の電気量料金

電気量料金は、電気の使用量によって1kWhの料金単価が3段階に分かれていることが多いですが、ループ電気では1段階のみとなっています。

 

ループ電気と各地域電力会社の基本料金の比較

【電力消費量】0~120kWh120~300kWh300kWh~ループ電気
北海道電力23.98円30.27円33.99円29.5円
東北電力18.58円25.33円29.28円26.4円
北陸電力17.85円21.74円23.45円21.3円
東京電力19.88円26.48円30.57円26.4円
中部電力21.07円25.54円28.49円26.4円
関西電力17.92円21.21円24.21円22.4円
中国電力21.07円25.54円28.49円24.4円
四国電力16.97円22.50円25.42円24.4円
九州電力17.46円23.06円26.06円23.4円
沖縄電力エリア22.95円28.49円30.47円27.0円

 

各地域の電力会社では、電気使用量が多くなればなるほど1kWhあたりの料金は上がっていくしくみになっています。

 

しかし、ループ電気なら一律料金なのでわかりやすいだけでなく、300kWh以上では全ての地域において、ループ電気の方が料金が安くなっていますね!

 

スポンサーリンク

ループでんきは割引プランが豊富でお得!

 

ループでんきでは、関東エリアに限り都市ガスとセットにすると安くなる「セット割」や、太陽光発電をループ電気へ売電すると安くなる割引サービスも充実しています。

 

プラン適用内容割引額
電気+都市ガス電気とガスをセットにする電気料金から2%割引
ソーラー割太陽光発電の電力をループ電気へ売電従量料金単価から1円割引
ソーラー割L住宅用太陽光発電システムを購入

(Looop Solar)

従量料金単価から1円割引
Looop電池割住宅用蓄電池購入

(Looop電池)

従量料金単価から3円割引
EV割EVを所有している方従量料金単価から1円割引

 

電気+都市ガス

対応エリアは関東のみですが、電気とループ電気の都市ガスをセットにすることで、電気料金から2%割引になります。

ソーラー割

住宅用太陽光発電システムをお持ちの方なら、自宅で発電した電気をループ電気に売電することができ、従量料金単価が1円割引になります。

ソーラー割L

ループ電気独自の住宅用太陽光発電システム「LooopSolar」を購入すると、上記のソーラー割の金額から更に、従量料金単価が1円割引になります。

Looop電池割

ループ電気独自の住宅用蓄電池「Looopでんち」を購入すると、従量料金単価が3円割引になります。

EV割

ループ電気を利用し、戸建ての住宅でEVを所有している方は、従量料金単価が1円割引になります。

 

これらの割引は併用可能ですので、割引対象であればあるほど電気料金が安くなります。

 

太陽光発電など、自然エネルギーに興味がある方や既に利用している方にとっては、とても得な割引サービスですね!

ループ電気のお申し込みはコチラから

まとめ

 

ループ電気の特徴

  • 基本料金が0円
  • 電気を使えば使うほど、電気使用量料金が今までより安くなる
  • 料金が一律でわかりやすい

「毎月の電気代が高い」「もっと電気料金を安くしたい」という方は、この機会にループ電気に切り替えましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

-新電力
-, ,

Copyright© でんき.online , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.