電気

東京電力の従量電灯B・従量電灯C・スタンダードSの違いを解説!東京電力より安い電力会社も教えます

2020年7月16日

 

ポイント

東京電力のプランを知っていますか?あなたにとって最良のプランでしょうか?この記事を読めば今お使いのプランがどんなプランかがわかります。最近では電気代を安くできる新電力といったサービスがありますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

東京電力の従量電灯B・従量電灯C・スタンダードSにはどんな違いがあるの?それぞれのプランより安い電力会社はある?

 

東京電力の従量電灯B・従量電灯C・スタンダードSには、料金や向いている人に違いがあります。

記事内では東京電力より安い電力会社も紹介しているので、確認してみてください。

 

 

 

スポンサーリンク

東京電力の従量電灯Bとは

従量電灯Bは、一般的な家庭で多く契約されている料金プランです。

 

毎月届く電気料金の明細を見ると、ご自身が使っているプランがわかります。

 

電気とガスを使っていれば従量電灯B、電気のみ使っていれば従量電灯Cと書いてあります。

 

東京電力の従量電灯Bの料金

 

従量電灯Bの料金は「基本料金」と「電力量料金」を合わせた金額になります。

 

それぞれの料金は下記の通りです。

東京電力の従量電灯Bの基本料金

契約容量(単位:A)契約数料金(税込)
10A1286円00銭
15A1429円00銭
20A1572円00銭
30A1858円00銭
40A11144円00銭
50A11430円00銭
60A11716円00銭

 

東京電力の従量電灯Bの電力量料金

電力消費量単位(kWh)料金(税込)
~120kWh119円88銭
121kWh~300kWh126円48銭
301kWh~130円57銭

 

東京電力の従量電灯Bプランを使用している方は、「TEPCOのでんき家計簿」というシミュレーターを使って電気料金の内訳を知ることができますよ。

 

①東京電力の従量電灯Cとは?

 

従量電灯Cとは、オール電化のご家庭が利用する料金プランです。

 

毎月ガス代をお支払いしていないご家庭では、従量電灯Cを契約していることになります。

 

そのため昼夜関係なくクーラーやIHといった電化製品をいっぱい使うというご家庭には向いていますが、日中はほとんど家にいないという方は料金プランを見直すことをおススメします。

 

東京電力の従量電灯Cの料金

 

東京電力の従量電灯Cの料金は下記です。

 

東京電力の従量電灯Cの基本料金

単位料金(税込)
基本料金1kVA286円00銭

 

※6kVA以上で契約のご家庭が対象

 

東京電力の従量電灯Cの電力量料金

電力量単位料金
最初の120kWhまで1kWh19円88銭
121kWhから300kWhまで1kWh26円48銭
301kWh以上1kWh30円57銭

 

基本料金とは、電気を使わなくても支払う料金のことで、電力量料金とは、使った分の電気に対して支払う料金のことです。

 

基本料金、電力量料金について詳しくは下記の記事を参考にしてください。

 

基本料金について

電気の基本料金は?電気代を安くするための2つの方法をご紹介!

続きを見る

 

電力量料金について

【電気料金の平均はいくら?】電気料金を安くする2つの方法

続きを見る

 

毎月の電気料金の内訳は「基本料金+電力量料金」に加えて、10円程度の費用がかかりますが、基本的には電気料金は「基本料金+電力量料金」と覚えておけばOKです。

従量電灯Bとは、電気とガスを使用されているご家庭が契約するプランです。一方、従量電灯Cは電気のみを使用しているご家庭が契約するプランです。

 

オール電化のご家庭はガスを使わない分、電気を使うので電気を一度にたくさん使える従量電灯Cと契約します。

 

自分の住まいがどちらのプランかわからない場合は、毎月東京電力から届く電気の明細(検針票)を確認しましょう。

 

東京電力の従量電灯Bと従量電灯Cの違い

 

従量電灯Bとは、電気とガスを使用されているご家庭が契約するプランです。

 

一方、従量電灯Cは電気のみを使用しているご家庭が契約するプランです。

 

オール電化のご家庭はガスを使わない分、電気を使うので電気を一度にたくさん使える従量電灯Cと契約します。

 

自分の住まいがどちらのプランかわからない場合は、毎月東京電力から届く電気の明細(検針票)を確認しましょう。

 

スポンサーリンク

東京電力のスタンダードSとは?

東京電力のスタンダードSは、1人暮らしの方や電気をあまり使わないご家庭向きの料金プランです。

 

1人暮らし方であれば、毎月の電気使用量の平均は「200kWh」前後ですので

検針票(毎月届く電気の明細)を確認して、当てはまる人はスタンダードSに切り替えた方がいいです。

 

東京電力のスタンダードSと従量電灯Bの違いは?

 

東京電力のスタンダードSは、従量電灯Bよりも電力量料金が安く設定されています。

 

さらに、東京電力のスタンダードSだと、毎月の電気代1000円ごとに5ポイントポイントを貯めることができます。

 

また、登録時の500ポイントついてくるので、電気をあまり使わない(毎月の電気の使用量が200kwh前後)方で、

ポイントを貯めたい方にはおすすめのプランです。

 

貯めたポイントは毎月の電気料金に使うことができるので、従量電灯Bよりも更におお得になります。

 

東京電力のスタンダードSの料金

 

東京電力のスタンダードSの料金は下記の通りです。

 

東京電力 スタンダードSの基本料金

A(アンペア)数契約数スタンダードS 従量電灯B
101286円00銭286円00銭
151429円00銭429円00銭
201572円00銭572円00銭
301858円00銭858円00銭
4011144円00銭1144円00銭
5011430円00銭1430円00銭
6011716円00銭1716円00銭

 

東京電力 スタンダードSの電力量料金

使用電力量スタンダードS(1kWhあたり)従量電灯B(1kWhあたり)
~120kWhまで19円88銭19円88銭
120kWh超え~300kWhまで26円46銭26円48銭
300kWh超え~30円57銭30円57銭

 

東京電力の従量電灯BよりもスタンダードSの方が電気料金が安くなりますが、解約時に解約事務手数料540円がかかります。

 

契約期間に関わらず解約事務手数料がかかりますので、覚えておきましょう。

 

東京電力より安いプランとは?

 

2016年4月に始まった電力自由化により、毎月の電気代を安くすることができます。

 

しかし「安定してるのは東京電力でしょ」「会社が色々ありすぎて選ぶのが面倒」などと思っていませんか?

 

そう思った方は電気代を安くするチャンスを逃しています!新電力と呼ばれる新しいサービスによって

電気料金を安くできることはもちろん、お得なクーポンやポイントが貰えますよ。

 

クーポンやポイントは提携しているお店で使えることができるので、まさに一石二鳥です。

 

エルピオでんき

 

 

まず、今回紹介するのは「エルピオでんき」です。「株式会社エルピオ」はもともとLPガスを販売する会社で電力自由化に伴い、電気も販売しています。

 

オール電化向けの新電力プランは少ないので、エルピオでんきのスタンダードプランLはとてもおすすめです。

 

あんしんサポートや商品券プレゼントなどオプションも充実していて、新電力は初めてという方でも安心できます。

 

ここで「東京電力の従量電灯C」と「エルピオでんき・スタンダードプランL」の料金を比べてみました。

 

東京電力とエルピオでんきの料金比較

エルピオでんき東京電力
基本料金(1kVAにつき)268円84銭268円00銭
電力量料金(120kWhまで)18円69銭19円88銭
電力量料金(121kWhから300kWhまで)23円30銭26円48銭
電力量料金(301kWh以上)25円78銭30円57銭

 

基本料金はほとんど変わりませんが、電力量料金は断然安くなっていますね。電気を使えば使うほどエルピオでんきの方が安くなるのがわかります。

 

他社の1ヶ月当たりの平均額と比較すると、1人暮らしであれば700円程度、3~4人暮らしであれば1200円程度安くすることが出来ます。

 

年間におきかえれば、約1万円安くなる計算です。電気代がこれほど安くなって商品券が貰えるなんて、まさに良いとこどりです。

 

「毎月の電気料金が高い…」と悩んでいる人は、すぐに「エルピオでんき」に切り替えましょう。

 

エルピオでんきのWEB申し込みはこちら

 

東京電力の従量電灯Bより安い「シンエナジー」

東京電力の従量電灯Bとシンエナジーの料金を比較すると、以下の通りです。

 

シンエナジー(きほんプラン)東京電力(従量電灯B)
基本料金30A768.34円858円
40A1,024.45円1,144円
50A1,280.56円1,430円
60A1,536.68円1,716円
電力量料金(120kWhまで)19.67円/kWh19.88円
電力量料金(120kWh〜300kWhまで)24.78円/kWh26.48円
電力量料金(300kWh〜)27.71円/kWh30.57円

※全て税込価格です

 

基本料金も電力量料金もシンエナジーの方が安いので、電気の使用量に関わらずシンエナジーの方がお得です。

 

シンエナジーの料金やプラン内容が気になる方は、こちらの記事を参考にしてください。

シンエナジー(電気)の料金は安い?高い??プランごとに料金を詳しく解説します

続きを見る

 

シンエナジーのWEB申し込みはコチラから

 

東京電力のスタンダードSより安い「ループ電気」

ループ電気は、基本料金が0円といったとてもお得な料金設定になっています。

 

単純に使った分の電気代を払えばよいので、電気料金プランがシンプルでわかりやすいのが特徴です。

 

ループ電気は、違約金・解約金がないので、安心して利用することができます。

 

ループ電気について詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

【Looop(ループ)電気の料金】ループ電気の電気料金を比較しました

続きを見る

 

LOOOPでんきの申し込みはこちら

 

 

スポンサーリンク

-電気
-, , ,

Copyright© でんき.online , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.