スポンサードサイト

新電力

【まちエネの評判まとめ】口コミやメリットとデメリットを正直に公開します

2020年6月26日

 

この記事のポイント

まちエネの良い評判と悪い評判を正直にお伝えします。まちエネはローソンと三菱商事が共同出資で運営しており、主に関東エリアが対象の電気です。Pontaポイントが貯まったり、ローソンで使えるクーポンや、映画鑑賞券が1300円で利用できるメリットがあります。

 

まちエネって電気料金が安くなりますか?まちエネで電気を契約するとお得なポイントってなんですか?あと、まちエネの悪い評判ってありますか?

 

電気代だけを考慮すると、まちエネ以外にもお安い電力会社がたくさんあります。自宅の近くにローソンがある方であれば、Pontaポイントやお得なクーポン、映画鑑賞券が何度でも1300円で利用できるのでかなりお得です。

 

 

まちエネの基本情報

 

まちエネを運営しているのは三菱商事株式会社と株式会社ローソンが共同出資しているMCリテールエナジー株式会社です。

 

実は三菱商事は1980年代から発電事業に取り組んでおり、30年以上の実績があります。

 

まちエネの供給エリアは以下の通りです。

・東京電力エリア

・東北電力エリア

・中部電力エリア

・関西電力エリア

・四国電力エリア

※ 離島を除く

 

ローソンが出資している会社なので電気代に応じてPontaポイントが貯まったり、ローソンで使えるお得なクーポンが毎月届きます。

 

まちエネの料金

 

まちエネの電気料金は電力量料金が安く設定されているのが特徴です。

 

まちエネと東京電力の電気料金を比較して確認してみましょう。

 

【電力量料金比較】

使用電力量単位まちエネ東京電力
0~120kWhまで1kWhあたり19.79円19.88円
120超~300kWhまで1kWhあたり25.27円26.48円
300kWh超1kWhあたり26.47円30.57円

※基本料金は同じ料金です。

 

まちエネの評判・口コミ

まちエネには良い評判・口コミと悪い評判・口コミがあります。

 

それぞれについて正直にご紹介します。

 

まちエネの良い評判・口コミ

 

 

 

 

 

 

まちエネの良い評判・口コミで多かったのが「電気代が安くなった」という声です。

 

また、電気代が安くなる上にローソンポイントが貯まるなんて!と感謝する内容も多く見られました。

 

まちエネの悪い評判・口コミ

 

 

 

 

まちエネの悪い口コミは少ない印象を受けました。

 

少数派ではありますが、電気代が逆に高くなってしまった方もいたようです。

 

また、電力会社ということもあり勧誘は比較的多いようですね。

 

まちエネの良い評判とメリット

 

まちエネの良い評判とメリットをご紹介します。

 

電気料金1,000円ごとにPontaポイントが10ポイント貯まる

 

まちエネは電気料金1,000円ごとにつきPontaポイントが10ポイント貯まります。

 

ちなみに貯まったPontaポイントはローソンの商品に使える「お試し引換券」と交換することもできますよ。

 

Pontaポイントはローソンやケンタッキー、ココスやすき家など様々なお店で利用することができます。

 

ローソンで使えるクーポン券が毎月メールで届く(100円〜200円相当)

 

まちエネで電気契約するとローソンで利用できるお得なクーポン券が毎月メールで届きます。

 

このクーポンで利用できる商品は人気のからあげクンやアイスコーヒー、お菓子や人気スイーツなど毎月変わるので楽しみですね。

 

お得なクーポンの対象となる商品はどれも人気商品ばかりですので、自宅の近くにローソンがある方には嬉しいサービスです。

 

ローソンチケット割引特典で1,800円の映画鑑賞券が何人でも何回でも1,300円

 

まちエネに加入するとローソンチケット割引特典により1,800円の映画鑑賞券が1,300円になります。

 

しかも、何人でも何回でも映画鑑賞券が1300円になるのでこれはかなりお得ですよね。映画好きな方、家族がいる方にはとてもおすすめですよ。

 

まちエネの悪い評判とデメリット

 

ここからはまちエネの悪い評判とデメリットを解説していきます。

 

ローソンが近くにないとメリット半減

 

まちエネではローソンで使えるお得なクーポンが毎月メールで届きます。

 

お得なクーポンはローソンのみで利用可能であるため、近所にローソンがない方はクーポンのメリットがありませんね。

 

まちエネはローソンで申し込めない

 

ローソンが出資している電力会社なのですが、実はローソンの店舗で契約を申し込むことができません。

 

現在の電力会社から契約を切り替える場合は「書面の郵送もしくはインターネットによる申請」が必要となります。

 

インターネットに詳しくない年配の方々の為にも、ローソンで直接申し込みができればもっと加入者が増えそうですよね。

 

まちエネよりお得な電力会社

ここではまちエネよりお得な電力会社として「エルピオでんき」をご紹介します。

 

エルピオでんきはまちエネでんきよりも多い8の地域(東北・東京・中部・関西・四国・中国・九州・北陸)に

電気を供給しており、利用できるご家族も多いです。

 

さらにエルピオでんきは安いだけでなく

ガスとセットで申し込めるというメリットがあるので、検討してみてはいかがでしょうか。

 

エルピオでんき

 

エルピオでんきとまちエネの電気料金を比較してみましょう。

 

【基本料金】

契約容量エルピオでんきまちエネでんき
10A286円
15A429円
20A572円
30A858円
40A1086.8円1144円
50A1344.2円1430円
60A1613.04円1716円

 

【電力量料金】

電力使用量エルピオでんきまちエネでんき
120kWhまで18.84円19.79円
120kWh超~300kWh23.03円25.27円
300kWh超25.78円26.47円

 

まちエネとエルピオでんきを比較すると、基本料金・電力量料金ともに

エルピオでんきの方が安く設定されています。

 

ただ、エルピオでんきは30A以下での契約ができないため

1人暮らしの方はまちエネや他の電力会社に切り替えることをおすすめします。

 

エルピオでんきについて詳しく知りたい方はこちら

エルピオのまとめ記事は?基本情報から知っておくべき情報まで網羅的にお伝えします

続きを見る

 

エルピオでんきのWEB申し込みはこちら

 

まとめ

 

最後に、まちエネの評判をまとめます。

 

まちエネ評判まとめ

・電気料金だけを比較するなら他にも安い電力会社がある
・近所にローソンがない場合はクーポンを使えないのでメリットが少ない
・電気代1,000円ごとにPontaポイントが10ポイント貯まるのでお得
・ローソンで利用できるお得なクーポン券が毎月メールで届く
・1,800円の映画鑑賞券が何人でも何回でも1,300円になる

 

今回の記事では「まちエネ」の良い評判と悪い評判をご紹介しました。

電気代だけを考慮するとまちエネ以外にも安い電力会社がたくさんありますし、近所にローソンがない方はクーポンが使えないので正直メリットが少ないと言えます。

一方で、自宅の近くにローソンがある方であれば、Pontaポイントやお得なクーポン、映画鑑賞券が何度でも1300円で利用できるのでかなりお得ですよね。

ローソンを頻繁に利用する方は、「まちエネ」に電気を切り替えてみてはいかがでしょうか?

 

新電力プランのお問い合わせ

電話番号:050-3033-2267

営業時間:10時ー20時

 

 

スポンサードサイト

スポンサードサイト

-新電力
-, ,

Copyright© でんき.online , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.