引っ越し

【電気がつかない原因はこれ!】確認して欲しい5つの可能性

2020年11月30日

 

突然電気がつかなくなりました。すぐに解決したいので原因を教えてください。

 

照明器具の故障、電気の接続の不具合、漏電、停電、電気代の未払いで電気がつかなくなった可能性があります。

 

電気のお申し込みはこちら

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

突然電気がつなかくなったら

 

突然、電気がつなかくなったら、あなたはどうしますか?

 

焦ってどうしていいかわからない時は、まず落ち着いて状況を確認しましょう。

 

原因を知れば解決できます!次に電気がつかない具体的な原因を解説します。

 

電気がつかないのはなぜ?

 

電気がつなかい原因には、いろいろな可能性があります。

 

5つの考えられる原因と、解決策も合わせてご紹介します。

 

原因1 電気製品の故障、または接続の不具合

スイッチを入れても電気がつかない場合、照明器具の電球切れや点灯管(グロー管)の消耗した可能性があります。

 

その場合は、新品に交換すれば問題ありません。

 

照明器具の取り付け部分(接続部分)がしっかりと接続されていない場合も電気はつきません。

 

正しくセットされているか確認しましょう。

 

それでもつかない時は、配線のトラブルやスイッチ部分の故障の可能性があります。

 

その場合、安全性の面からも電力会社に修理を依頼したほうが無難です。

 

感電などの危険もありますので、自分で何とかしようとせず専門家に頼みましょう。

 

原因2 ブレーカーが落ちた

家の中の全ての電気がつかない場合、ブレーカーが落ちていないか確認しましょう。

 

一度にたくさんの電気製品を使用すると、自動的にブレーカーが落ちることがあります。

 

電気製品の使用を少し減らしてから、ブレーカーのスイッチを再度「入」にしてみてください。

 

スイッチを入れてもすぐにまた落ちてしまう場合は、漏電の可能性があります。

 

その時は自分で何とかしようとせず、電力会社のカスタマーセンターなどに連絡してみましょう。

 

また、何度もブレーカーのスイッチを入れたり、切ったりすると自動的に電気がつなかくなることがあります。

 

その際も、迷わず電力会社に連絡して状況を確認してもらいましょう。

 

原因3 工事による停電

自分の家の周辺も電気がついていないようなら、停電の可能性があります。

 

計画的な停電の場合、必ず事前にお知らせが届いていたはずです。

 

集合住宅などでは共有エレベーターや電灯も使えくなるので、家の外に出て確認してみるのも良いでしょう。

 

原因4 災害による停電

突然の落雷や台風など、災害による停電で電気がつなかくなることがあります。

 

電柱の倒壊や配線の切断など、災害からの復旧には時間がかかるケースも多いので、ネットなどで電力会社のお知らせを確認しましょう。

 

原因5 電気料金の未納

電気料金を一定期間払わなければ電気は停められてしまいます。

 

電気代の支払期限が過ぎているのに、未払いのままの請求書や督促状が届いていませんか?

 

通常、電気代を払っていなくてもすぐに電気は止まりません。

 

支払の猶予期間も設定されていますので、まずは忘れた電気代の請求書がないか確認してみてください。

 

まとめ

 

電気がつかない原因はいろいろあります。

 

電気がつかない5つの原因

  1. 電気製品の故障、または接続の不具合
  2. ブレーカーが落ちた
  3. 工事による停電
  4. 災害による停電
  5. 電気料金の未納

 

すぐに解決できるものならば、問題ありませんが漏電や接続の不具合などの可能性があるときは、迷わず電力会社に連絡しましょう。

 

停電は回復するまで待つしかありませんが、電気代の未払いは出来れば、避けたいものですね。

 

電気のお申し込みはこちら

 

 

スポンサーリンク

-引っ越し
-, ,

Copyright© でんき.online , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.