電気 電気代の節約

太陽光発電は導入しない方がいい?デメリットについて解説します

2021年4月12日

太陽光発電のデメリットはなんでしょうか?

また太陽光発電が向いていない人はどんな人でしょうか?

太陽光発電のデメリットは、初期費用やメンテナンスが高額であることや、売電価格が年々減少していることが挙げられます。

また現在お住まいの場所の日照時間が少ない人は、太陽光発電を導入すべきでは無いかもしれません。

 

電気のお申し込みはこちら

 

 

スポンサーリンク

太陽光発電のデメリットとは?導入前に知っておきたい3つのポイント

 

太陽光発電を導入してから、「思ったより費用対効果が悪かった」とならないために、注意すべき3つのデメリットについて解説いたします

 

太陽光発電は初期費用が高額である

 

規模にもよりますが、太陽光発電の設置費用はどれだけ安くても100万円を超えることがほとんどで

一千万円以上になることも少なくありません。

 

決して安価に導入できるものではありませんよね。

 

売電価格が低下し続けている

 

太陽光発電は、発電した電気を売ることで収益を得ることができますが、その「売電価格」が年々低下しています。

 

なぜならば、太陽光発電システムの導入費用自体が年々低下しているため、そのシステムで発電した電気の買取価格も減少し続けているのです。

 

太陽光発電の売電価格は、最終的に電力の市場価格と同じ程度になると言われています。

 

メンテナンス費用がかかる

 

太陽光発電システムは、4年に1度の定期点検が推奨されています。

 

点検費用は規模にもよりますが、安くても1万円から、平均的には2万円ほどかかってしまいます。

 

また10〜15年程度が寿命と言われるパワーコンディショナーと呼ばれる機械の交換にも、20万円ほどの費用がかかってしまいます。

 

太陽光発電の導入に向かない人は?日照時間に注意

太陽光発電は、日照時間が少ない環境では発電量が低下してしまいます。

 

次のようなことが当てはまる人は注意が必要です。

 

天気の悪い地域住みで、晴れの日が少ない

 

地域によっては、雨や雪の日が多く、日照時間がそもそも少ないこともあります。

 

そういった地域では太陽光発電はあまり適しているとは言えないかもしれません。

 

家が日陰で太陽光があたる時間が少ない

 

設置する家が高層ビルやマンションに囲まれている場合

太陽光発電に日光があたる時間が減り、効率の良い発電が行えなくなってしまいます。

 

スポンサーリンク

詐欺や巧みな営業にも注意!太陽光発電の導入前に知識を身につけよう

太陽光発電は設置費用が高額な上、一般的にノウハウが知れ渡っていないので、詐欺まがいの方法で売りつけようとする業者も残念ながら存在します。

 

「メンテナンスは必要ない」といった嘘や、「発電量を実際より多く見積もる」のような手段を使って騙そうとする場合もあるようです。

 

こういった業者は太陽光発電の悪い面を隠そうとします。

 

インターネット上の口コミなどのリアルな声も参考に、デメリットについても調べておくと良いですね。

 

太陽光発電についてのリアルな口コミをこちらの記事にまとめています。

太陽光発電の口コミは?ネット上の本音やメリット・デメリットを解説!

続きを見る

 

まとめ 

太陽光発電を導入を検討する際には、デメリットについても知っておくことが大切です。

・太陽光発電は初期費用が高額である

・売電価格が低下し続けている

・メンテナンス費用がかかる

 

太陽光発電の導入の際には、デメリットについても正直に話してくれる、優良な業者を探してみてくださいね。

 

電気のお申し込みはこちら

 

 

スポンサーリンク

-電気, 電気代の節約
-,

Copyright© でんき.online , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.