電気

【四国電力のおすすめプラン3選】 毎月の電気料金を安くしたい人は必見です

2020年10月6日

 

四国電力の料金プランはどんなプランがあるの? 四国電力でおすすめのプランはありますか?

 

四国電力には従量電灯Aを始め、さまざまなプランがあります。この記事を参考にご自身に合った料金プランを選びましょう。

 

電気のお申し込みはこちら

 

 

スポンサーリンク

四国電力の電気料金の仕組み

 

私たちが毎月支払う電気料金は、どのように決まっているかご存じですか?

 

四国電力の電気料金は、「最低料金」と「電力量料金」の2つで決まります。

 

契約しているプランに関わらず、「最低料金」+「電力量料金」が毎月の電気料金となります。

 

毎月ご自宅に届く検針票を確認して、それぞれの料金を確認してみましょう。

 

四国電力の電気料金の仕組み①:最低料金

 

「最低料金」は、電気を全く使用しなくても支払う必要のあるお金のことです。

 

契約した容量(アンペア)に関係なく、毎月定額になっています。

 

初めて四国電力と契約する方は「最低料金 = 基本料金」と覚えておきましょう。

 

四国電力の電気料金の仕組み②:電力量料金

 

「電力量料金」は、使った分の電気に対して支払うお金のことです。

 

基本的に、電気を使えば使うほど、電気料金は高くなります。

 

四国電力はプランによって電力量料金が変わるため、ライフスタイルにあったプランを選ぶことをおすすめします。

 

四国電力の従量電灯Aとは?

 

四国電力の従量電灯Aとは、もっとも利用者の多い一般家庭向けのプランです。

 

ガスと電気をご家庭で使っている方向けのプランになります。

 

四国電力には従量電灯がAとBの2種類ありますが、従量電灯Bはオール電化のご家庭向けのプランになります。

 

四国電力の従量電灯Aの料金

 

四国電力の最低料金

使用電力量単位料金
最初の11kWhまで1契約411.40円

 

四国電力の電力量料金

使用電力量単位料金
11kWh超え~120kWhまで1kWh20.37円
120kWh超え~300kWhまで1kWh26.99円
300kWh超え~1kWh30.50円

 

四国電力の電気料金は安いの?高いの?

 

仕事や学校で、初めて四国電力を使う方にとっては、電気代が今までより高くならないか気になるところです。

 

そこで、「四国電力」「東京電力」「関西電力」の3つの電力会社の電気料金を比べてみましょう。

 

※比較対象は「東京電力 従量電灯B」と「関西電力 従量電灯A」になります。

 

最低料金(基本料金)の比較

契約容量単位四国電力東京電力関西電力
10A1契約411.40円286円341.02円
15A1契約429円
20A1契約572円
30A1契約858円
40A1契約1144円
50A1契約1430円
60A1契約1716円

 

・最低料金(基本料金)は、関西電力が一番安い

・安い順番に、関西電力・四国電力・東京電力となる

 

電力量料金の比較

使用電力量単位四国電力東京電力関西電力
~120kWhまで1kWh20.37円19.88円20.32円
120kWh超え~300kWhまで1kWh26.99円26.48円25.80円
300kWh超え~1kWh30.50円30.57円29.29円

 

 

・電力量料金は、3社に目立った違いは見られない。

 

電気料金の比較

 

電気料金をわかりやすく比較するために、一般的なご家庭で実際に支払う金額を計算してみましょう。

 

例)「令和2年8月分 契約容量:40A 使用電力量:400kWh」

四国電力東京電力関西電力
11199円11405円11139円

 

 

・電気代は、東京電力が月200~300円ほど高くなる

 

同じ条件で電気代を計算すると、東京電力がもっとも高い結果になりました。

 

東京から四国へと引っ越した場合、年間3000円ほど安くなるので嬉しいですね。

 

関西から四国へお引越しの方は、ほとんど電気代は変わらない結果になりました。

 

四国電力のおすすめプランは?

 

四国電力のおすすめプランは、あなたのライフスタイルに合わせて、電気代が安くできるプランです。

 

もし、自分がどの料金プランで契約しているかわからない方は、毎月ご自宅に届く検針票で確認しましょう。

 

四国電力のおすすめプラン3選

 

「電気をあまり使わないのになんでこんなに電気代が高いの?」と悩んでいませんか?

 

実は、自分に合ったプランを選ばないと、電気代が高くなる可能性があります。

 

電気の使い方は、電気とガス両方お使いの方、オール電化にお住まいの方で違いますよ。

 

今回はそれぞれのご家庭におすすめのプラン3つと番外編をご紹介します。

 

四国電力のおすすめプラン①:おとくeプラン

四国電力の「おとくeプラン」は、普段から電気をたくさん使うご家庭向けのプランになります。

 

ペットを飼っていたり、パソコンやクーラー、テレビが1部屋に1台あるご家庭などにおすすめです。

 

従量電灯Aに比べて、電力量料金が安くなっているため、電気代を安くすることができます。

 

現在、電気の使いすぎが気になっている方は、おとくeプランに切り替えましょう。

 

四国電力のおとくeプランについて詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

四国電力のおとくeプランをわかりやすく解説します

続きを見る

 

四国電力のおすすめプラン②:でんかeプラン

四国電力の「でんかeプラン」は、オール電化住宅向けのプランです。

 

電気と一緒にガスをお使いの方は利用できないので、ご注意ください。

 

でんかeプランは、オール電化の戸建て住宅向けになります。オール電化のマンションにお住まいの方は、「でんかeマンションプラン」に加入しましょう。

 

昼間に比べて、夜間の電気料金が安く設定されています。日中は電気を全く使わず、夜間に多く使う方におすすめです。

 

四国電力のでんかeプランについて詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

四国電力のでんかeプランをわかりやすく解説します

続きを見る

 

四国電力のおすすめプラン③:でんかeマンションプラン

でんかeマンションプランは、マンションでオール電化のご家庭に向けたプランです。

 

平日昼間の電気料金が高く設定されていますが、休日や平日夜間は格安になっています。仕事で平日昼間は電気を全く使わない方におすすめのプランです。

 

四国電力のおすすめプラン(番外編):再エネプレミアムプラン

四国電力の「再エネプレミアムプラン」は、エコな電気に関心を持つあなたにおすすめのプランです。

 

提供する電気は、100%再生可能エネルギーで作られています。

 

再生可能エネルギーで作られた電気は貴重で、他のプランより電気料金が高く設定されています。

 

そのため、電気代を安くすることはできませんが、環境に優しい電気を使いたい方におすすめなプランです。

 

四国電力のおすすめプランの料金

 

四国電力の電気料金は、「最低料金(基本料金)」+「電力量料金」によって決まります。

 

「おとくeプラン」と「再エネプレミアムプラン」の最低料金は定額ですが、「でんかeプラン」と「でんかeマンションプラン」の基本料金はピーク電力によって毎月変わります。

 

ピーク電力について詳しく知りたい方はこちら

東京電力のスマートライフプランをわかりやすく紹介します

続きを見る

 

おとくeプランと再エネプレミアムプランの料金

従量電灯Aからおとくeプランに切り替えると、年間3000円ほどお得になります。

 

おとくeプランと再エネプレミアムプランの最低料金

 

契約容量に関係なく、毎月定額の411.40円

 

おとくeプランと再エネプレミアムプランの電力量料金

プラン使用電力量単位料金
おとくeプラン11kWh超え~120kWhまで1kWh20.37円
120kWh超え~300kWhまで1kWh26.99円
300kWh超え~1kWh28.30円
再エネプレミアムプラン11kWh超え~120kWhまで1kWh22.57円
120kWh超え~300kWhまで1kWh29.19円
300kWh超え~1kWh32.70円

 

でんかeプランの料金

でんかeプランは、IH割引・エコキュート割引・でんか割引があります。IHとエコキュートがご自宅にあれば、最大10%の電気代割引になります。

 

でんかeプランの基本料金

契約容量が10kW以下のご家庭は、以下の使用電力量まで定額になります。

・平日昼間 70kWh

・平日夜間・休日 240kWh

 

この値を過ぎると、電力量料金が発生します。

 

契約容量単位料金
10kWまで1契約8637.04円
10kW超え~1kWにつき562.22円

 

でんかeプランの電力量料金

 

平日昼間と平日夜間・休日で料金が変わります。

 

使用電力量単位料金
平日昼間70kWh超え1kWhにつき32.49円
平日夜間・休日240kWh超え1kWhにつき21.64円

 

でんかeマンションプランの料金

でんかeプランは、IH割引・エコキュート割引・でんか割引があります。

 

IHとエコキュートがご自宅にあれば、最大10%の電気代割引になります。

 

でんかeマンションプランの基本料金

契約容量単位料金
10kWまで1契約1344.44円
10kW超え~1kWにつき415.56円

 

でんかeマンションプランの電力量料金

単位料金
平日昼間1kWhにつき34.97円
平日夜間・休日1kWhにつき20.09円

 

スポンサーリンク

四国電力(東京電力エリアのみ)の料金

四国電力の東京電力エリアのみ、当日の15時までに問い合わせれば当日開通可能です。

 

東京電力エリア向けの料金プランは次のとおりです。

 

東京電力 従量電灯B四国電力(東京電力エリア) 従量電灯Bバリュープラン
基本料金
10A286円
15A429円
20A572円
30A858円832.26円
40A1,144円1,109.68円
50A1,430円1,387.10円
60A1,716円1,664.52円
電力量料金
120kWhまで19.88円19.28円
120kWh超え~300kWhまで26.46円25.68円
300kWh超え30.57円29.65円

 

東京電力の料金と比較すると、全体的に3%ほど安いことがわかります。

 

東京電力と契約しようと考えている方は、当日契約できる四国電力の従量電灯Bバリュープランを検討してみましょう。

 

四国電力の東京電力エリア向けプランは当日開通可能

 

四国電力の東京電力エリア向けプランは、当日の15時までに連絡すれば当日に開通できます

 

引っ越しで四国電力を利用する際も安心してください。

 

最短で新電力開通の場合はコチラ

電話番号:050-3033-2267

営業時間:10時ー22時

 

まとめ

 

今回は、四国電力のプランからおすすめを3つご紹介しました。気になったプランがありましたら、今すぐ電話をかけましょう。

 

それでは、簡単にまとめて終わりにします。

 

ポイント

・電気をたくさん使うご家庭は「おとくeプラン」に切り替えよう

・戸建てでオール電化のご家庭は「でんかeプラン」に切り替えよう

・マンションでオール電化のご家庭は「でんかeマンションプラン」に切り替えよう

・エコに関心のある方は「再エネプレミアムプラン」に切り替えよう

 

電気のお申し込みはこちら

 

 

スポンサーリンク

-電気
-,

Copyright© でんき.online , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.