スポンサードサイト

電気 電気代の節約

新電力は燃料調整費の料金変動がない?燃料調整費のしくみを解説します

燃料費調整費額とは何ですか?新電力会社も料金変動があるのですか?

燃料費調整費額とは、火力発電のための燃料の価格変動が電気代に反映された額のことをいいます。

多くの新電力会社では燃料費調整費額の料金変動がありません。

 

電気のお申し込みはこちら

 

WEBから電気のお申し込み

 

 

燃料調整費とは?

検針票など見た際、「燃料費調整費額」という項目が気になった方も多いのではないでしょうか。

電気料金の内訳一例

    • 基本料金
    • 電気量料金
    • 燃料費調整額
    • 再生可能エネルギー発電促進賦課金

燃料調整費とは、原油や液化天然ガス、石炭といった火力発電のための燃料の価格変動が電気代に反映された額のことをいいます。

この価格は「燃料費調整制度」というもののもとに算出され、例えば原料の価格が上がれば燃料調整費も高くなり、逆に減量の価格が下がると燃料調整費も下がります。

 

なぜ燃料調整費は料金変動するのか

 

原料の高騰や下落などに応じて燃料調整費が調節されることによって、電気を供給する側・電気を供給される側の両方が損をしない仕組みとなっています。

燃料調整費には「基準燃料価格」があり、その差額によって料金が変動します。

しかし、上限価格(基準燃料価格の1.5倍)が設定されていますので、かなり大幅な燃料費高等が起きた場合でも安心です。

 

燃料調整費の計算方法は?

知らず知らずのうちに支払いしている燃料調整費ですが、自分で計算することも可能です。

原料が高騰すると電気代が高くなってしまう場合もありますが、逆に原料の価格が下がると単価も下がりますので、一概に「負担になる」と言い切ることはできません。

燃料調整費の単価は各電力会社の公式サイトにも載っていますので、確認してみましょう。

 

<燃料調整費の計算方法>

1kWh当たりの燃料費調整単価×電気使用量

 

新電力では燃料調整費の料金変動がない場合が多い

 

各地域従来の電力会社の場合には燃料調整費が変動する一方で、新電力会社では燃料調整費の料金変動がない企業が多いのが特徴です。

通常「基準燃料価格」との差で燃料調整費の単価が決まりますが、ほとんどの新電力会社では変動することなく一律料金となっています。

 

燃料調整費の料金変動がある新電力会社は?

 

多くの新電力会社では燃料調整費の料金変動がないことが多いものの、下記の新電力会社では料金の変動があります。

  • ハルエネ
  • エフエネ
  • グランデータ

燃料調整費の料金変動があるか否かによっても電力会社の選び方は違ってきます。

できるだけ料金変動のない新電力会社を選ぶことで、毎月安定した電気料金で電気を使うことができますね。

 

まとめ

  • 燃料調整費は原料の価格によって変動する
  • 多くの新電力会社では燃料調整費の変動がない

新電力会社では燃料調整費の変動がないことが多いため、毎月安定した安い電気代で生活することができます。

「電気代をもっと安くしたい」という方は、ぜひ新電力会社を検討してみてはいかがでしょうか。

 

新たな電力会社をお探しなら、コチラ

電話番号:050-3033-2267

営業時間:10時ー23時

 

 

電気のお申し込みはこちら

 

WEBから電気のお申し込み

 

スポンサードサイト

スポンサードサイト

-電気, 電気代の節約
-, ,

Copyright© でんき.online , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.