電気 電気代の節約

関西電力のデメリットを解説します!ガスとセットにすると本当に安くなる?

2021年2月16日

関西電力のデメリットは何ですか?

関西電力のデメリットは、「新電力より電気代が高い」、「ガスとセットにした場合の割引率が低め」、「料金プランによっては料金が高くなる場合がある」ということが挙げられます。

 

電気のお申し込みはこちら

 

WEBから電気のお申し込み

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関西電力のデメリットは?

関西電力は、電気使用量や時間帯によって電気代が変動するプランなど

利用する方のライフスタイルによって様々なプランを選ぶことができます。

 

また、関西電力が運営している関西ガス「なっトクプラン」で電気とガスをセットにすると、毎月の光熱費が割引になります。

 

そんなメリットがたくさんのように思える関西電力ですが、デメリットにはどんなことがあるのでしょうか?

下記で詳しく見ていきましょう。

 

新電力より電気代が高い

 

関西電力には様々な電気料金プランがありますが

新電力の方が多くの場合電気代を安くすることが可能です。

 

ここでは一例として、一般家庭でよく契約されている関西電力の従量電灯Aと、LOOOP電気の電気代を比較してみたいと思います。

 

<基本料金>最低基本料金
関西電力341.01円
LOOOP電気0円

 

【電力消費量】0~120kWh120~300kWh300kWh~
関西電力20.31円25.71円28.70円
LOOOP電気22.4円22.4円22.4円

 

上記の比較表でもおわかりになる通り、電気の使用量が多ければ多いほど新電力(LOOOP電気)の方が電気代が安くなっています。

そのため、電気代をもっと安くしたいと思っている方が、関西電力より断然新電力がおすすめといえますね。

 

LOOOP電気の料金について詳しくは、コチラにまとめています。

【Looop(ループ)電気の料金】ループ電気の電気料金を比較しました

続きを見る

 

新電力で毎月の電気代を安く契約する

電話番号:050-3033-2267

営業時間:10時ー23時

 

ガスとセットにした場合の割引率が低め

 

関西電力が運営してる関西ガスは、基本料金や従量料金が安くなるため、例えば大阪ガスと比べた場合でも料金が高くなることはありません。

しかし、一人暮らしの方など極端に使用量が少ない方にとっては割引率が低く、「お得感を感じられない」という方も多くいます。

電気とガスのセット割など1本にまとめた方が料金が安くなると思いがちですが、新電力が始まった今では一概にそうは言えません。

「もっと光熱費を安くしたい」と思っている方は、電気とガスを別々に契約したり、関西電力より電気代が安い新電力でセット割を組むことをおすすめします。

 

新電力で毎月の光熱費を安くする

電話番号:050-3033-2267

営業時間:10時ー23時

 

料金プランによっては料金が高くなる場合も

 

関西電力が運営している関西ガスでは、ガスを使用した発電設備(エネファームやエコウィルなど)の割引プランがありません。

そのため、そのようなエコ設備を利用している方にはお得にならず、割高になってしまうというデメリットがあります。

既存のガス会社のエネファーム向けプランは格安であることも多いため、安易に乗り換えるとガス代が高くなってしまうこともあるため、注意が必要です。

 

まとめ

関西電力は魅力的な料金プランがある一方で、デメリットもあることを覚えておきましょう。

 

関西電力のデメリット

  • 新電力より電気代が高い
  • ガスとセットにした場合の割引率が低め
  • 料金プランによっては料金が高くなる場合も

「光熱費を今より安くしたい」と思っている方は、ぜひ一度新電力も検討してみると良いですね。

 

新電力が安い理由について詳しくは、コチラにまとめています。

新電力会社が安い理由は?新電力のしくみや料金を解説します

続きを見る

 

自分にピッタリな新電力を探す

電話番号:050-3033-2267

営業時間:10時ー23時

 

電気のお申し込みはこちら

 

WEBから電気のお申し込み

スポンサーリンク

-電気, 電気代の節約
-,

Copyright© でんき.online , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.