新電力

【新電力の仕組みを解説】あなたの質問にお答えします!

2020年10月10日

 

「新電力」って何ですか?新電力で電気代はどうなるんですか?大手電力会社に比べて新電を使うのが不安です...

 

新電力は電力自由化以降、電力を販売するようになった会社です。たくさん新電力ができたおかげで電気料金が安くなったり、他のサービスとのセット割引なども出てきました。新電力をサポートする仕組みもあるので、停電が頻繁におきるような問題はありません。

 

電気のお申し込みはこちら

 

 

スポンサーリンク

そもそも新電力って何ですか?

 

これまでは、東京電力や関西電力などの大手電力会社しか電気を販売することが出来ませんでした。

 

2016年4月に規制が緩和され、大手電力会社以外の会社も電気を販売できるようになったのが電力の自由化です。

 

そして電力自由化以降、これまでの大手電力会社に対して、新しく電気の販売(小売り)に乗り出した会社を、新しい電力会社「新電力」と呼んでいます。

 

さてこの「新電力」、どうやって電気をご家庭に届けているのか、次にその仕組みをご紹介します。

 

新電力でどう仕組みが変わったの?ー家庭に電気が届くまで

 

電力は、大きく分けると「発電」→「送電」→「小売り」のプロセスを経て各家庭や事業所に供給されています。

 

実は、今回の電力自由化で自由になったのは、「小売り」の部分です。

 

「発電」と「送電」は、これまでどおり各地の大手電力会社が行っていますが、「小売り」が自由化されたことで、大手電力会社以外の会社も自由に電気を販売できるようになったのです。

 

新電力で電気代はどうなったんですか?-安いの?高いの?

 

電力の自由化で、たくさんの新電力会社が電力販売の市場に参入してきました。

 

また、ライフスタイルに合わせた電力料金プランや、電力以外のサービスとのセット申し込みで電力料金が割引になるなど、新電力各社が独自の電気料金メニューを自由に提供出来るようになりました。

 

それによって、電力の販売市場で激しい価格の競争が生まれます。こうして、以前よりも電気料金の選択肢は大幅に増えました。

 

そして消費者は電気の使い方やライフスタイルにあったお得な新電力を選ぶことで、電気代を安く出来るようになったのです。

 

スポンサーリンク

新電力で電気が停まることはないの?-ちょっと心配?!

 

電力の販売だけの行う新電力を使っていたら、ある日急に電気が停まるのではないか?と不安に思う人もいるかもしれません。

 

心配は不要です!

 

電力の「送配電」は、国の許可を得た限られた会社が行っています。

 

そのため、万が一新電力会社が倒産するようなことがあっても、電気は送配電を行う会社が引き続き供給する仕組みが整っています。

 

また、新電力側にも電力が提供出来なくなった時は、事前に消費者に連絡することが義務づけられています。

 

新電力に変えることで停電が増えることはありませんので、安心してください。

 

まとめ

 

新電力の仕組みを知ると、電力の自由化が消費者にとって画期的だったことがわかります。

 

電力の自由化で登場した多くの新電力は、これまでよりも安い電気代だけでなく、新しいサービスとのセット割引やライフスタイルに合わせた様々な料金プランを提供しています。

 

是非、自分にあった新電力を見つけてください!

 

電気のお申し込みはこちら

 

 

スポンサーリンク

-新電力
-,

Copyright© でんき.online , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.