電気

ひまわり電気のデメリットは?口コミ・評判からわかる意外な落とし穴とは?

2021年1月25日

ひまわり電気にはどんなデメリットがありますか?

ひまわり電気は、電気代が今までより高くなってしまったり、解約金がかかる場合があります。

また電気の供給開始が遅れたりする場合もあり、注意が必要です。

電気のお申し込みはこちら

 

WEBから電気のお申し込み

 

 

スポンサーリンク

ひまわり電気のデメリットは?

ひまわり電気は2020年4月から(株)グランデータへ社名変更をしています。

様々な料金プランを提供している一方でデメリットも多く、契約した方からはあまり評判の良くない新電力会社です。

では、実際にどんなデメリットがあるのでしょうか?

 

電気代が高くなる

 

新電力会社に乗り換える多くの方は、「電気代が安くなるから」というのが大きな理由ではないでしょうか。

 

しかしひまわり電気では、「電気代が逆に高くなった」という口コミも多いのが現状です。

特に一人暮らしの方の場合など毎月の電気使用量が少ない方は、電気代が高くなる傾向があります。

 

その原因の一つは、ひまわり電気の料金プランにあるようです。

では実際に東京電力とひまわり電気の料金を比較してみましょう。

 

【東京電力・ひまわり電気料金比較一例】

<電気量料金>0~120kWh120~300kWh300kWh~
東京電力19.88円26.48円30.57円
ひまわり電気25.20円25.20円25.20円

 

電気量料金0~120kWh以下では、東京電力が19.88円なのに対し、ひまわり電気は25.20円と5.32円高くなっているのがおわかりいただけるかと思います。

ひまわり電気に乗り換えするのであれば、毎月の電気料金が8,000円~10,000円ほどの方でなければ、電気代が高くなってしまう可能性がありますので注意が必要です。

「電気代が高くなった」という悪い口コミや評判が多いのは、このような料金プランが原因の一つです。

 

有料オプションを付けられる場合も

ひまわり電気では契約時に「トラブル駆けつけサービス」などの有料プランサービスを付けられてしまう場合もあります。

その結果、毎月の電気代が高くなってしまいますので、ひまわり電気の契約は慎重に検討した方が良いでしょう。

 

解約金がかかる場合も

 

料金プランによっては2年間の契約期間があり、契約期間中に解約をすると解約手数料が3,780円かかります。

実際にひまわり電気を契約してみたら電気代が高くなってしまったのにも関わらず、解約金までかかってしまっては腑に落ちないですね。

 

数ある新電力会社では、いつ解約をしても解約金がかからない企業が多数です。

解約金のかかる企業とは契約をしない方が無難でしょう。

 

電気開通が遅れる場合も

 

ひまわり電気では、電気の乗り換えや引っ越し時などにすぐに電気を使えない場合があります。

そういった電気の開通がスムーズに行われない点も、ひまわり電気のデメリットです。

ライフラインである電気が使えないということは、家電の使用やスマホの充電もできず、夜になるとお部屋は真っ暗になってしまいます。

また、真夏や真冬など冷暖房器具が使えなくなってしまう状況は、想像しただけでも恐ろしいですね。

そういった状況を避けるためにもひまわり電気との契約はあまりおすすめできません。

 

ひまわり電気は口コミ・評判が悪い?

ひまわり電気は、実際に契約した方から口コミ・評判の悪い新電力会社です。

 

  • 電気代が高くなったという口コミが多い
  • サービスや対応が悪いといった口コミが多い

 

ひまわり電気(グランデータ)の口コミ・評判について詳しくは、コチラにまとめています。

グランデータの口コミ・評判は?リアルな口コミをご紹介

続きを見る

 

新電力会社の乗り換えをお考えの方は、「今より電気代を安くしたい」そうお考えの方が多いのではないでしょうか。

またせっかく乗り換えをするのですから、できるだけ長く気持ちよく電気を使いたいですね。

そのため、料金プランの確認だけでなく、口コミや評判の良い新電力会社を選ぶことが大切です。

 

 

スポンサーリンク

ひまわりでんきよりお得な電力会社を3社紹介

ここでは、ひまわりでんきよりお得な電力会社として、「エルピオでんき」「LOOOPでんき」「まちエネ」を紹介します。

 

どのくらいお得になるのか確認してみましょう。

 

ひまわりでんきとエルピオでんき・LOOOPでんき・まちエネの料金を比較

 

ひまわりでんきとエルピオでんき・LOOOPでんき・まちエネの一般的な料金を比較すると、以下のとおりです。

 

ネクストでんきエルピオでんき(スタンダードプランS)LOOOPでんき(おうちプラン)まちエネ(きほんプラン)
基本料金単位料金単位
10A1契約0円286円
15A0円429円
20A514.8円0円572円
30A772.2円0円858円
40A1,029.6円1086.8円0円1,144円
50A1,287円1344.2円0円1,430円
60A1,544.4円1613.04円0円1,716円
電力量料金料金
第1段階料金最初の120kWhまで25.20円18.84円(60Aは18.65円)26.4円19.79円
第2段階料金120kWh〜300kWhまで25.20円23.03円26.4円25.27円
第3段階料金300kWh〜25.20円25.78円26.4円26.47円

※全て税込価格です

 

基本料金を比較すると、LOOOP電気が1番安くその次にひまわりでんきが安いとわかります。

 

電力量料金を比較すると、最初の120kWhまでは電気の使用量に関わらずエルピオでんきとまちエネの方が安いです。

 

電気の使用量が120kWh以下の方はお得ですね。

 

さらに、エルピオでんきは300kWhまでライフでんきの電力量料より安いので、家族が多く300kWhほど使用する方もお得に電気が利用できます。

 

自分が使用する電気の量を把握し、自分に最適な電力会社を選んでみてください。

 

・エルピオでんきの他のプランが気になる方はこちら

エルピオでんきのおすすめプラン6選!電気代を安くしたい人必見

続きを見る

 

・LOOOPでんきの詳しい料金が気になる方はこちら

【Looop(ループ)電気の料金】ループ電気の電気料金を比較しました

続きを見る

 

・まちエネの詳しい料金が気になる方はこちら

まちエネと地域電力はどっちが安い?比較してみた!

続きを見る

 

ひまわりでんきよりお得な電力会社の申し込み先

 

ここまで、ひまわりでんきよりお得な電力会社を3社紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

 

他のプランや料金をみて自分に合う電力会社と感じたら、乗り換えを検討してみてください。

 

エルピオでんき・LOOOPでんき・まちエネの申込先をまとめてお伝えすると、以下のとおりです。

 

エルピオでんきのWEB申し込みはこちら

 

LOOOPでんきの申し込みはこちら

 

まちエネのお申込みはこちら

 

まとめ

ひまわり電気は様々なデメリットがある評判の悪い新電力会社です。

 

  • 電気代が高くなる
  • 有料オプションを付けられる場合も
  • 解約金がかかる場合も
  • 電気開通が遅れる場合も

 

新電力会社をお探しの方は、自分のご家庭に合った料金プランのある信頼できる企業と契約をしましょう。

 

ご家庭にピッタリな新電力会社と契約する

電話番号:050-3033-2267

営業時間:10時ー23時

 

電気のお申し込みはこちら

 

WEBから電気のお申し込み

 

スポンサーリンク

-電気
-,

Copyright© でんき.online , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.