電気

東京電力の電気料金プランを解説します【自分にあったプランがわかる!】

 

東京電力の料金プランで電気代が安くなりますか?どんな料金プランがあるのでしょうか?

 

電力自由化以降、東京電力もいろいろな新しいプランを提供しています。自分の電気の使い方やライフスタイルにあったプランを選べば、電気代を節約できます。

 

電気のお申し込みはこちら

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京電力の電気料金プランの紹介

 

新電力のサービスが充実するなか、東京電力からも新しい料金プランが登場しています。

 

東京電力のどの料金プランを選べばよいかわからない、という方のためにそれぞれのプランの特徴をご紹介します!

 

自分のライフスタイルにあった料金プランを見つけてください。

 

東京電力のプラン①:従量電灯B / 従量電灯C

従量電灯B、従量電灯Cは、ともに契約数が多いプランの一つです。

 

電力自由化前からある、一般的な家庭向け料金プランとして最も普及している基本の電気料金プランとなっています。

 

東京電力の従量電灯B、従量電灯Cの特徴は下記のとおりです。

 

従量電灯B, 従量電灯Cの特徴

・24時間、いつ電気を使っても同じ単価で電気代が計算される

・使った電力量に従って電気料金がかかるしくみで、使えば使うほど電気代が高くなる

・従量電灯Bは60A以下の契約、従量電灯Cは60A(6kVA) 以上の契約で店舗や事業所などの 大型電気機器の利用者も多い

 

東京電力の従量電灯B、従量電灯Cについて詳しくは、下記の記事にまとめてあります。

【東京電力の従量電灯Bとは?】従量電灯Bと従量電灯Cの違いを解説します

続きを見る

【東京電力の従量電灯Cとは?】従量電灯Bと従量電灯Cの違いを解説します

続きを見る

 

東京電力のプラン②:スタンダードプラン

スタンダードプランは、電力自由化になって新しくスタートした料金プランの一つです。

 

スタンダードプランには、スタンダードSとスタンダードLがあります。

 

東京電力のスタンダードプランの特徴は下記の通りです。

 

東京電力のスタンダードプランの特徴

・スタンダードSは、従量電灯Bの基本料金、電力量料金とほぼ同じ価格設定(電力料金の2段階目の電力料金のみ、従量電灯Bより0.02円安い)

・スタンダードLは、従量電灯Cの基本料金、電力量料金とほぼ同じ価格設定(電力料金の2段階目の電力料金のみ、従量電灯Cより0.02円安い)

・従量電灯と同じく、24時間同じ単価で電気を使えば使うほど高くなる

・スタンダードSは60A以下の契約、スタンダードLは60A(6kVA)以上の契約で店舗や事業所向け

 

東京電力のスタンダードプランについて詳しくは、下記の記事にまとめてあります。

【東京電力のスタンダードSとは?】スタンダードSと重量電灯Bの違い

続きを見る

 

東京電力のプラン③:スマートライフプラン

夜間の電気代が昼間に比べて、ぐんと安くなるのがスマートライフプランです。

 

夜間に電気を蓄積して動く、オール電化世帯向けのプランになっています。

 

東京電力のスマートライフプランの特徴は下記の通りです。

 

ポイント

・スマートライフSは、60A以下の契約で家庭向け

・スマートライフLは、60A(6kVA)以上の契約で店舗や事業所向け

・夜間(午前1時~午前6時)の 1kWhあたりの電力量料金が昼間に比べて8円以上安くなる

 

東京電力のスマートライフプランについて詳しくは、下記の記事にまとめてあります。

東京電力のスマートライフプランをわかりやすく紹介します

続きを見る

 

東京電力のプラン④:プレミアムプラン

プレミアムプランは、定額の料金プランです。

 

一定の電気使用量までは定額で、それを超えると従量電灯よりも安い電力量料金単価が適用されます。

 

家族の人数が多い世帯や、日中たくさん電気を使う世帯にはお得なプランです。

 

東京電力のプレミアムプランの特徴は下記の通りです。

 

ポイント

・プレミアムSは、60A以下の契約で、家庭向け

・プレミアムLは、60A(6kVA)以上の契約で店舗や事業所向け

・プレミアムS、プレミアムLともに400kWhまで電力料金は定額、それ以上使えば割安に

 

東京電力のプレミアムプランについて詳しくは。下記の記事にまとめてあります。

東京電力のプレミアムプランを解説します【電気をたくさん使う方必見】

続きを見る

 

東京電力のプラン⑤:動力プラン

動力プランは、業務用のエアコンや冷蔵庫など、動力(低圧電力)で動く大型電気機を使用する店舗や事務所向けの料金プランです。

 

東京電力の動力プランの特徴は下記の通りです。

 

ポイント

・基本料金は従量電灯プランより割高

・電力量料金は固定され、従量電灯Bより単価が安いので使えば使うほど電気代は安くなる

・業務用エアコンや冷蔵庫を使用する夏季は、電力量料金が他の季節より少し高い

 

東京電力の動力プランについて詳しくは、下記の記事にまとめてあります。

【東京電力の動力プランとは?】事業者におすすめ!電力料金プランの紹介

続きを見る

 

東京電力のプラン⑥:とくとくガスプラン

とくとくガスプランは、電気料金プランと一緒に申し込めばガスとセットで割引されるプランです。

 

サービスは、関東地域の一部のみとなっています(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県)

 

東京電力のとくとくガスプランの特徴は下記の通りです。

 

ポイント

・ガス代が東京ガスの一般料金よりも安くなる

・従量電灯とのセットは出来ない(スタンダード、プレミアムプランとの申し込みは可)

・ガス機器修理サービスや、生活かけつけサービスなどの特典もついてくる

 

東京電力のとくとくガスプランについて詳しくは、下記の記事にまとめてあります。

東京電力のとくとくガスプランとは?セット割で電気代を節約

続きを見る

 

まとめ

 

東京電力の料金プランを紹介しました。

 

東京電力のプラン

・従量電灯B / 従量電灯C

・スタンダードプラン

・スマートライフプラン

・プレミアムプラン

・動力プラン

・とくとくガスプラン

 

それぞれの料金プランは、いろいろな電気の使い方を想定して設定されています。

 

まずは、自分の電気の使い方を知って、ライフスタイルにあった料金プランを選びましょう!

 

電気のお申し込みはこちら

 

 

スポンサーリンク

-電気
-,

Copyright© でんき.online , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.